The following two tabs change content below.
小澤朋子
現在、初心者のためのワードプレス・スタートアップアドバイザーとして活動中!ワードプレスの導入・設定でお困りの、あなたのための、お手伝いをしています!本格的にネットで集客をお考えのあなたのためのサービスです。また、時間や場所に捕らわれない「ノマドライフ」を堪能する日々を送っています(^-^)/メール:info@triz-web.com





こんにちは、たまには皆で外に遊びに行く、@「ノマド」な主婦Toroです!

今年のゴールデンウィークのメインイベントは、3家族合同による富士山河口湖の湖畔のコテージで一泊二日することです!

トータルの人数は13名になります。

このメンバーでは何回か、お互いの家でのBBQバーベキューやキャンプなど行っていて、家族ぐるみでいろんなイベントでのお付き合いをさせてもらっています!

今回のGWの計画の中で、河口湖周辺へ行くための一番のネックは、渋滞。。。。

3家族合同ということになれば、親の休みが同じ日でなければいけないので、

ど真中のど真中の5月3・4で決行となります。

私たちの目指すところは、お金をかけずにみんなが満足して楽しく過ごす!です。

そのため、基本的には有料ではないところに遊びに行きます!

そのため、富士山河口湖周辺で、お金をかけずに、GWでも子供たちが満足できる穴場スポットを紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク

GWの穴場スポットに行く、3家族の紹介

とりあえず、簡単に今回一緒に行動をともにしたメンバーの紹介をします!

【家族構成】

  • O家は(夫婦・長女(中二)・長男(小6)・次女(2歳))
  • A家は(夫婦・長女(中二)・次女(小3))
  • Toroの家族は(夫婦・長女(中二)・長男(小5))
    以前紹介した、プロフィールに載ってるよ!

【私たちの共通点】

  • 同じ地区(学区内)近所
  • 中学2年生が長女であり、一緒に通学している3人組

このように、私たちは、近所でお互いの子供の一番上の子が共通点という構成で成り立っています。

よく言う、ママ友のような流れで付き合い始め、パパ同士もなんとなく気があってしまい、今に至るという感じですね。

でも、ここで重要なのは、ママ友はよくあるパターンでが、家族同士が付き合う場合は、やっぱり旦那さんの意見が大きく反映してきます。

お母さん同士は、適当に話す内容のカテゴリーが広い
(家族・子供・行事・仕事・買い物・etc..)ですが、

旦那さん1人でも、せっかくの休みなのに、わざわざ他人の家族と一緒に過ごすことを選択するという事が、

余り無い(少ない傾向)のではないのかなって思います。

そのため、この関係は子供たちにとっても、親にとっても、とてもいい環境にいるように感じています。

今回のルート(静岡県富士市→河口湖)

通常(静岡県富士市 → 河口湖周辺)まで、車で約1h30の到着予定です。

このゴールデンウィーク中で、富士五湖の中の1つ本栖湖周辺といえば、

芸能人が来たり、テレビ等マスメディアで大きく取り上げられている、”富士芝桜祭り”が見所となっています。

毎年ゴールデンウィークのこの時期、富士五湖道路は万年渋滞となっている。。。

富士芝桜まつり

基本有料のなので、今回のGWの穴場スポットではないので、

いつか、年取ったとき見に行きたいねって、私たちはつぶやいていました。。。

コテージのチェックインは15:00なので、余裕を持って、朝8時頃出発しました。

早すぎかとは思いましたが、私たちは基本的に、その時期は渋滞するのは分かっています。

なので、ゴールデンウィークは、富士山には近づかない=行かない、を基本としています。

そのため、今回の試みは、私たちの中では、まったく想像がつかない領域でした。

とにかく、早めに行ってから、現地でいろいろ遊ぶ場所とか決めればいいよねって、

って感じのGWでの河口湖周辺の穴場探しの旅に行きました!

行きのルート(静岡県富士市→山梨県河口湖周辺)

下記のルートで途中、③④に寄り、⑤のゴールが河口湖の湖畔のコテージです。

今回は、②~④のGWでも混まずに行ける穴場スポットを紹介していきますね。

河口湖までの道のり

今回考えたルートの基本は、最初の富士市・富士宮をどう抜けるか。。

そこがポイントでした。

①富士市→富士宮

を見ていただくと、新東名と東名の出口が同じ道に別々に存在している箇所があります!

そのため、本当の王道(国道139号線)は、ブルーの道からとなりますが、この時期は他方面からの車が多数入ってきます。

恐ろしくてその道を通る勇気はありませんでした。。

なので、旧道と言われる414号線をメインに北上していきました。

この時、特に渋滞はありませんでした!

新東名と東名

②富士宮(朝霧の分岐点→西湖周辺)

①で説明した通り、ブルーの道は、王道の道(国道139号線)なのでそちらは通らず、富士ヶ峰道路を通ることにしました

この道沿いには、GW穴場スポットの一つ「富士ミルクランド」があります。

こちらは帰りに行くことにしました。

そのまま道なりに行くと、山梨県の鳴沢村に出ます。

ここは、富士五湖のうち3番目の湖(真ん中の湖)の西湖周辺です。

そのため、本栖湖・精進湖はスルーするということになります。

私たちの道を通らない場合(国道139号線)は、そのまま北上すると、

  • まかいの牧場
  • もちや
  • 本栖湖
  • 芝桜祭り
  • 精進湖

と続いているイベント多発エリアです。

やはり、あまりの恐ろしさに通れませんでした。。。

そのため、どのくらいの渋滞なのかのリポートはできません。。。

富士ヶ峰道路

③道の駅なるさわ(鳴沢)に到着(西湖周辺)

ブルーの139号線沿いの③から合流です。

河口湖(富士吉田)は、中央高速(首都圏からの高速道路)の出口があるところです。

ここにも、渋滞を予感させる要素がたくさんありますね。。。

③までくれば、着いたようなものだと確信し、道の駅なるさわで休憩することになりました。

出発時間8:20分 ⇒ ③道の駅なるさわまで 9:30分

所要時間1h10分です!

早すぎないか。。。

河口湖周辺

GW穴場スポット1.河口湖周辺の道の駅なるさわ(鳴沢)で休憩&お昼

すんなり着いた道の駅なるさわ(鳴沢)ですが、

駐車場では、私たちでちょうど満車となり、少し待ちました。

ここ道の駅なるさわ(鳴沢)でこんなものが買えます!

  • 地元野菜
  • ブルーベリージャム
  • ぶどうの酒
  • ジュース
  • 鳴沢菜
  • そば
  • おやき
  • ソフトクリーム等
  • いろんな土産

それ以外にも、近くに富士眺望の湯ゆらりがあったり、広いスポーツ施設があったりします。

また、富士緑の休暇村もあり、河口湖周辺でのアクセスと価格の安さに定評があります。




最初に向かったのは、もちろんタダで入れる、富士山博物館です!

富士山博物館(入場無料)

富士山博物館

ここは、何回か来たことはあり、子供たちも中がどうなっているか、何が展示されているかは知っています。

それでも楽しめる場所ですし、時間稼ぎができる場所でもあります。

まず、博物館の前に、トレジャーハンティングと題して、水の中から砂金を探すゲームのようなものや、ちょっとした模様しを常に行っています。

中に入ってみると、富士山博物館なのに、入口から左側が順路になっていますが、不気味な音が聞こえてきます。

ガォ~~~。。。グゥゥゥーー。。。

恐竜の鳴き声のような。。。

そうです!

ティラノサウルスの実寸大の頭だけがリアルに動いています。。。

ティラノサウルス

ティラノサウルス正面

これには、ちびっこもビックリ!、初めて見る人は、このリアルさに大人から子供までビビっちゃいます

幼児は泣いて走り去っていきます。。。

これを見るだけでも一見の価値ありかなって思います!

心臓が弱い方は、控えたほうがいいかも。。。。なんて。。

 

そこを過ぎると、富士山の地下に眠るマグマ溜りの様子を示すモニュメント。

富士山マグマ溜り

 

富士火山地質を示すモニュメントが展示されています。

富士山地質

ま、はっきり言って子供たちは完全にスルーするエリアですが。。

興味がある方は楽しめるかも。。。

そのあとは、お土産エリアに突入です。

そこがここのメインでもあると思いますけどね!(入場料無料なので)

富士山の石をメインとしたアクセサリー類や健康グッズ・水晶系のインテリアなどを売っています。



石といっても、富士山の石は、いろんな種類があるので、結構見ていても楽しめます!

 昼食は有名なお蕎麦(せんどそば)

せんどそば

ここ道の駅なるさわ(鳴沢)で、食事ができる箇所は一つだけです。

でも、露店で焼き鳥おやき等売っていますし、地元のマーケット内で少しですが、お弁当も売っています。

少し早かったんですが、早めに出て、皆お腹が空いてきたというので、ここでお昼としました。

この辺(河口湖)は、「ほうとう」が有名ですが、ここの道の駅なるさわ(鳴沢)では、「鳴沢菜」や「せんどそば」が名物となっているらしいので、

早速食べてみました。

大根がたくさん入っていて美味しい!

私はその場所から少し離れた露天で、鳴沢菜の入った「ピリ辛鳴沢菜おやき」を買って食べました(^-^)/

これも。ピリッとくるけど美味しかった(^-^)/

詳しくは、鳴沢村のホームページから確認してみてください。

 

私たちは、お腹がいっぱいになったので、少し運動したほうがいいと思い、

先ほどの富士山博物館の前のトレジャーハントの受付のお兄さんに、

「河口湖周辺で混まないくて、お金がかからないで、子供が楽しめる場所」ないですか?

と、ゴールデンウィークにも関わらず、自分たち本位の図々しい質問を彼にぶつけました。

お兄さんは、最初は、「芝桜祭り」のことを勧めていました。

しかし、私たちがかなり渋ったのを見受けて、地元情報を教えてくれました

そこは、ガイドマップに載ってない場所でした!

やっぱり、こういうのがGWの穴場スポット探しですよね!

河口湖総合公園

「ラッキー。なんて心意気のいい」、太っ腹なお兄ちゃんだと感心しました。

だって、山梨県としたら、河口湖周辺でこのGWにどんだけお金使ってくれるかが勝負でしょ!

そこは、河口湖町で管理している場所だそうです。

とても広い敷地なので、ボール遊びやバトミントン、小さい子でも楽しめる遊具やアスレチックがあると言う事でした。

私たちは、上記の赤い箇所「河口湖総合公園」に行くことにしました。



GWの穴場スポット2.河口湖総合公園

河口湖総合公園に向かう際、やはり本栖湖(芝桜まつり)渋滞が続いていました。。。

渋滞

恐ろしい~~。。

逆にはいけません。。

渋滞もなく、GWの穴場スポット2番目の地、河口湖総合公園に着きました。

総合公園マップ

私たちは、手前の大きな駐車場で車を止め、とりあえずアスレチックの方へ行きました。

最初に見えたのは、①のステラシアター

ステラシアター

コンクリート張りのモダンな建築物でした。

特に今日は模様しやイベントはやっていないようでした。

そこを過ぎると、②林の入り口みたいになっていて、この季節外れにもみじが沢山観れました。

もみじ

確かにこの辺では、もみじで有名な「紅葉台」が近くにありますが、

季節(初夏)が季節だけに、皆かなり、びっくりしました。

そう思いきや、少し歩くと。。。。

桜がまだありました!

桜

なんと、まぁ、この公園だけで、冬以外の季節を堪能できてしまうんですね!

さすが、GWの穴場スポットですね

なんかだまされた気分になっていると、遊具たちがお出迎えです。

遊具とアスレチック

遊具1遊具2
遊具3遊具4

この遊具&アスレチックを抜けると、芝生エリアとなります。

芝生エリア

芝生エリア 芝生エリア2

この広場では、ボール投げやバトミントン・テニス・ヨガなど行われていました。

疲れた親たちは、芝生の上で、レジャーシートを引き昼寝です(^-^)/



今回お泊りするコテージは15:00チェックインですが、14:30から車は止められるとのことだったので、

この公園をだいたい14:00くらいに出て、目的地「河口湖のコテージ戸沢センター」へ向かいました。

河口湖の湖畔にあるコテージに到着

14:20分くらいについてしまい、時間があったので、みんなで湖畔に行きました。

そこで、石投げが始まりました。

ここも河口湖の湖畔ですが、私たち以外はあまり人がいなかったので、ここもGWの穴場スポットに当たるかも知れないですね!

河口湖-石投げ

最初は、なかなか石を遠くに投げられない状態が続きました。

やはり、昔と今では、遊ぶものが大きく違ってきていて

スポーツテストでは、年々ボール投げの飛距離が平均を下回っているらしいです。。

しばらくやっていると、大人も参入してきました。

それは、湖に浮いている「浮き」狙いが始まったからです!

浮き

子供たちが、「浮き」を狙ってくると、最初に比べて飛距離が飛躍的に伸びていきました。

そして、なかなか当たらない「浮き」にやきもきしていると、大人(パパ達)が狙い始めました。

それでもなかなか当たらなく。。

ていうか、これ書いちゃまずいかなぁ。。。

パパの一人が当てると

うぁぁぁぁ-。すごーい」と盛り上がっていったわけです

そんなことをしていたら、とっくに15:30位になっていました。。。

早くチェックインして、BBQをやりたいと思っていたのに。。私たちは。。。

みんなで、石投げ大会をやっていました。。。

みんな肩が痛いと、悲鳴を上げるまで投げ続けていました。

BBQでお腹いっぱい

日本初のキャンプ場予約サイト【J-outdoor】

ママさんチームは、BBQの下ごしらえ、準備。

パパさんチームは、炭起こし。

子供たちは、犬の散歩。。。

ここでは、鉄板代が600円ですが、犬の散歩に行くとタダ(-600円)となるわけです!

戸沢センター

屋根の下でBBQバーベキューを行いました。一応予約は必要ですよ(^-^)/

bbq

子供たちが大きくなったのか、食べる食べる。。。。

中学生は底なしか!って言うくらい食べますね。。。

先が思いやられる。。。

子供は子供で、大人は大人で適当に食べて飲んでという形で、日が暮れてきたら部屋に移動しました。

やはり、昼間は暖かいけど、夕方は冷えてきました。

BBQバーベキューが終わったあとの網や鉄板・炭の処理は、管理人さんがやってくれるということで、パパ達はとっても喜んでいました!


GWの穴場スポット3?天水(野天風呂)

>>野天風呂 天水の情報

管理人さんからのおすすめお風呂は、車で2分のところにある天水という、野天風呂があるところらしい。

一応、コテージにもお風呂はついていますが、もちろん子供たちは「行きたい!」と言いますよね。

しかし、大人は全員既に、お酒を飲んでいたので、運転手がいません。

確かに、車で2分じゃ、歩いても15分くらいかなっという感じで。。。

そのため、「歩きで行こう!」と意気込んでいました。

1人2歳児がいるので、ママたちは残って、普通のお風呂に入りました。

19時くらいに、パパ達と小学生・中学生は歩いてお風呂に向かっていきました。

21時になっても帰ってこないので、

「遅くない?でも、きっと楽しんでるんだね」って会話をしていました。

21時半くらいに、みんが帰ってきました。

みんなから出てきた言葉は。。。。

「もうだめ。疲れた~~~~。。」

でした。。。

「?????」

私たちは意味がわからなかったです。。

どうやら、天水という場所は、ここから湖畔を歩いて、途中左折しますが、

左折した瞬間から、ものすごい、急な上り坂が待っていたらしいです。。。

確かに、車では2分かもしれないが、人が行く場合は30分以上かかったらしいです。。

私たちは、ほんとに行かなくてよかったと思いました。。。

せっかくのいいお風呂なのに、ヘトヘトで返ってくるって一体。。。(ちびまるこちゃん風)

夜は大人は一階・子供たちは2階

私たち大人は、1階でお酒を飲みながら、世間話をしていました。

子供たちは、カードゲームや何かして遊んでいました。

そのあと、子供たちは皆で2階に行き、3部屋あるうちの1部屋にベットルームがあり、

ちょうど子供の数分あったのでベットを占拠していました。

そして、私たちもそのへんで就寝しました。



GWの穴場スポット4.河口湖周辺で帰りに寄っていった場所

今日は、一応曇りのち雨の予報だったので、どこか行くというより、早めに帰って、ゆっくり休みたいところだ。

ところが子供たちは、そうはいかず、「どこかいきたい!」の連発だったので、しょうがなく帰り道でよるであろう。

富士ミルクランドによることにしました。

GWの穴場スポット.富士ミルクランド

富士ミルクランド

場所は、最初のマップののあたりで、小動物に触れたり、ちょっとした遊びができるところで、道の駅に近いイメージとなっている。

そのため、朝霧で取れる特産物(ソフトクリーム・お野菜・乳製品・お肉)が所狭しと並んでいる。

一番人気は、やはり、ソフトクリーム!

ものすごい、人気で長い行列となっていたため、私たちは、その近くの「イタリアンジェラート」でバニラやミルク系のアイスを頂いた。

そのとき小雨が降ってきていたので、ものすっごく、寒かった。

子供たちは震えながら、アイスを食べていた。。。

うちの子は、半袖で、鼻水垂らしながら、必死に食べていた。。。

そこまでしなくても良いのに。。。なんか、せっかく寄ったからには、食べなきゃ感が漂っていた。

イタリアンジェラート

寒くて、途中で食べれないと、親に渡す子供たちでいっぱいだった。。。

こっちもタマラナイ。。

やっぱり、初夏とは言っても、富士山周辺は、天気が悪いとやっぱり寒いです。

ゴールデンウィークといえども、上着・ジャンバーは必須アイテムです!

GWの穴場スポット(河口湖周辺)のまとめ

  1. 道の駅なるさわ(鳴沢)
  2. 河口湖総合公園
  3. 河口湖の湖畔
  4. 野天風呂「天水」
  5. 富士ミルクランド

以上が、私たちの行った河口湖周辺でのGWのおすすめ穴場スポットです!

いろんなことがありましたが、特に事故もなく滞りなく1泊二日を満喫できました!

大人たちで夜話していたことで1つ大きな事実が判明しました!

それは。。。。

O家の家族全員が「O型」

 A家の家族全員が「A型」

Toroの家族全員が「B型」

これってすごくない?

って話でした。

血液型はあまり関係ないといいますけど、この混じりっけなし同士の家族だったんだと、改めてなんか不思議な感じがしました。

こんど、皆で、富士登山でもしたいねって。
遠い目で言いました。。。

富士登山について富士宮ルート口の水ヶ塚公園に行って調べてみたよ。
富士山登山者必見!最短ルートの登山口なら水ヶ塚公園だよ

参考にしてみてね(^-^)/