The following two tabs change content below.
小澤朋子
近年、個人で起業される方が多くなる中、もっと自分のサービスの認知度を高めるために、Web(ワードプレス)を活用している方が増えてきました。利用する方が多いという事は、悩みや問題も多くあります。それらの解決のお手伝いをさせて頂いています。

皆さんは、PCやスマホ等で、Googleで検索して調べる事って、非常に多いと思います。

もはや一般的になっている(常識化)されている気がします(-_-;)

世界的に見ても、特に日本人は多いと知られているようです。

ですよね~。特に、ビジネスにおいて、誰かに物を訪ねる時は、先に「ググって」調べたうえで、聞く。

なんてところも少なくないような気がします。

ただ、どうしても面倒な時は、人に聞いたほうが明らかに速い場合もありますけど。。

と、前ふりはさておき。。

もしも、この記事を読んでいるあなたのサイトが、ワードプレスで作成されているのであれば、一度は耳にしたことがあると思います。

「ワードプレスは検索に強い」=「SEOに強い」

しかしながら、闇雲にワードプレスで記事を量産して、本当にGoogle検索のランキング上位になるのでしょうか?

残念ながら、答えは「No」です。

では、どうやったら自分の書いた投稿記事が、Googleランキングの上位に上りやすくなるかお伝えしたいと思います。

シロクマ先生
こんにちは、「シロクマ先生」だよ。
今回も順番に、ほのぼの伝えていきますよ。
スポンサーリンク

Googleの検索ランキングとは?

Google検索ランキング

一般的に、Googleのランキング順位は皆さんもご存知かと思いますが、調べたキーワードに対して、1ページ以内(10位以内)に入ってると、クリックされやすいですよね。

もちろん1ページ以上も調べることも少ないくないですが、1ページ以内を目指したいですよね。

そんな簡単なことではないですが、可能性を高くすることはできます。

シロクマ先生
その方法の1つを掘り下げていきましょう!

 

ただ、そのうえで、知っておいた方がいい事がいくつかあります。

あなたのサービスを利用したいお客様(ペルソナ)設定
>>サイト設計シート活用方法

↑のサイト設計から導き出されたキーワードの準備は大丈夫でしょうか?

特に必要ない人は、単純にどのくらいみんながググっているのか調べてみましょう。

それを簡単に調べられるツールは、キーワードプランナーです。

このツールはGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)リスティング広告を行っている人のためのサービスです

シロクマ先生
あれ?、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)って何?から伝えしますね。

Google AdWords(グーグルアドワーズ)とは?

google-adwords

本格的なWeb広告になります。

Googleの検索窓のすぐ下に、あるキーワードが検索されたとき、表示されるようにしています。

こんな感じです↓

アドセンス広告

 

シロクマ先生
なにか検索したとき、広告マークがある記事リンクは、自然にSEOで上がった記事ではないので注意です。

このようなGoogle広告のことを、リスティング広告といっています。

リスティング広告とは、検索エンジン(Yahoo!やGoogleなど)でユーザーがあるキーワードで検索した時に、その検索結果に連動して表示される広告の事です。

そして、この広告を管理するツールが、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)です。

でも、リスティング広告を出す前にある程度、キーワードのボリューム数を把握しなけばいけません。

Google検索において、どのくらいのワードが、どのくらい利用されているのかという事です。

それを調べるツールがキーワードプランナーです。

最近(2018年)大きく見た目や利用方法が変更になったので、そのやり方を残しておきます。

シロクマ先生
きっと、また数年で変わるんだろうけどね。。

2018年度版キーワードプランナーの使い方とは?

まずは、Googleアカウントで登録済みのwebページを表示させます。

そして、>>GoogleAdworseページへgo!

キーワードプランナーログイン

利用したことがある人は、右上のログインからです。

はじめての方は、緑色のボタンから進めて言って下さい。

両者どちらでもいいでが、ログイン後↓アドワーズ管理画面が開きます。

アドワーズ管理画面

右上に人のマークに、マウスを乗せると、Googleアカウントが表示されます。

その左側に並んでいるアイコンのうち、修理マークみたいなアイコンをクリックしますと、以下のようなメニューが開きます。

キーワードプランナーへ

その中の一番左側の方に、「キーワードプランナー」と表示されているので、クリックすればスタートです。

キーワードプランナー始まり

上側の「新しいキーワードを見つける」の枠なのかに、調べたいワードを入れて下さい。

例として、「ワードプレス」と入れてみました。

さて、どのくらいのボリュームがあるでしょうか?

キーワードプランナーの操作方法

キーワードプランナー並び替え

「ワードプレス」だけの検索の場合、非常に多いことが分かります。

次、英語に変更して検索して、「月間平均検索ボリューム」をクリックして、降順にしてみました。

キーワードプランナー降順

でも、この結果から、「wordprss」ではない、単語が混ざっています。

類似キーワードも上がってくるという事です。

キーワードに迷っていた場合は、参考になるかもしませんね。

ただ、ピンポイントでこのキーワードの数値が知りたい場合は、邪魔ですよね。

この場合、フィルターをかけます。

キーワードのフィルタ設定

フィルタ設定

自分が知りたいワードのみ知りたい場合は、「月間平均検索ボリューム」すぐ上の空白をクリックすると、このようなメニューが開きます。

そして、「キーワードテキスト」をクリックします。

キーワードテキスト

そこに、ピンポイントで知りたいキーワードを入れ、適用をクリックします。

一覧には、「アフェリエイト」が入っていますよね。

テキストフィルターを設定すれば、任意のワードを含んだボリュームしか表示されません。

テキストフィルタ

月間検索ボリュームから、1,000くらいを目指したほうが良いと思っています。

特に、地域性が高い事柄であれば、100くらいでも良いと感じています。

また、上記結果から、「競合性」「入札単価」なども表示されています。

競合性が高い=> 入札単価が高い=> キーワードの価値が高い=> 上位表示が難しい

というような考え方もあります。

初めのうちは、低いところ狙っていったほうが無難ではないかと感じています。

調べるキーワードは、1つのワードではなく、複合キーワードで調べることをお勧めしています。

複合キーワード

また、じっくり調べたいという人には、右上に「キーワード候補をダウンロード」があります。

csvダウンロード

 

シロクマ先生
これが、キーワードプランナーの一通りの使い方でした

まとめ

ここまで説明していて言うのもなんですが。。

Goolge検索(キーワードプランナー)が全てではありません。

ただ、記事を書く前の参考値として調べるだけの価値はあると思っています。

闇雲に適当なワードを使って、記事タイトルを付けるであれば、一旦は確認してからでもいいかもしれません。

出てきたキーワードばかりに気を取られていると、書きたいことが書けなくなることもあります。

なので、私の場合ですが。

  • ゴリゴリにキーワードプランナーでしらべて、狙ったワードで書く時。
  • まったく調べないで、書きたいことを書くとき。

など、混ざっています。

まずは、書き続ける事ですね。

運営しながら、どの記事が多く読まれるようになっているのか。

お問合せが多い記事はどれか。

など、書き続けると見えてくることが多くあります。

なので、最初に大方サイト設計をして、あとは書きながら、ゆっくりかじ取りをしていけばいいと思っています。

ワードプレスを利用しているなら、しっかりとした活かし方を知っていると、知らないとでは大きく違ってきますよね。

シロクマ先生
結局、人にしっかり伝わる内容を書いている記事が上がるんだよね!