The following two tabs change content below.
小澤朋子
現在、初心者のためのワードプレス・スタートアップアドバイザーとして活動中!ワードプレスの導入・設定でお困りの、あなたのための、お手伝いをしています!本格的にネットで集客をお考えのあなたのためのサービスです。また、時間や場所に捕らわれない「ノマドライフ」を堪能する日々を送っています(^-^)/メール:info@triz-web.com

会員サイトの無料プラグインで有名な「Simple Membership」のペイパル(paypal)設定について、質問が意外に多かったので、この記事でまとめたいと考えている@「ノマド」な主婦Toroです。

ついでと言っては何ですが、他にも細かな質問を頂いているので、まとめてここでに記します!

WordPressの無料プラグインの中での会員サイト制作については、「Simple Membership」はとても有能です。

また、設定が簡単で、日本語化(一部英語)されていることから、多くの方が利用していると感じています。

その中でも、会員レベル設定で、有料会員(ペイパル設定)を、このプラグインで連携出来ているためと考えられます。

ただ、このプラグインは日本語化されている個所と、ビミョーにされていない個所が存在しています。

ビミョーに英語になっている個所に、ペイパル(paypal)設定が入っています。

また、他にもビミョー英語個所で、設定を迷われていたり、分からないというお問い合わせがきたりします。

この記事では、会員サイトプラグインの「Simple Membership」の記事の続編として、ペイパル(paypal)設定や細かな部分の設定についてお伝えします。

このプラグインの導入部分の記事は↓です。
>>WordPressで会員サイト用の無料プラグインSimple Membership!

シロクマ先生
よくある3つのつまずきを
お伝えします!
スポンサーリンク

再プラグイン設定後の固有ページが生成されない件

これは、固有ページが生成されるプラグインでは、よくある現象です。

インストール後、「有効化」すると固定ページの中に、会員の登録やログインページ等の固定ページが5つ生成されます。

生成される固定ページ

【SimpleMembershipが生成してくれる固有ページ】

  1. 会員サイトの説明ページ
  2. 会員登録ページ(ショートコード付き)
  3. 会員登録情報の変更ページ(ショートコード付き)
  4. 会員ログインページ(ショートコード付き)
  5. パスワードのリセットページ(ショートコード付き)

新たにインストールすれば、勝手に固有ページを作ってくれるので、とっても嬉しいですよね(1度のみ)

ところが、会員サイトのテストなどをしていて、他のプラグインも試そうする人に良く起こる現象です。

一旦このプラグインを削除して、生成された固有ぺージを削除した場合、もう一度プラグインをインストールしても固有のページは生成させません!

∑(゚ω゚; )カ¨ーン

やってしまった。。と思った方!

安心してください!

対処できますよ!

この固有ページは、単にショートコードが貼ってあるだけなんです。

そのショートコードさえ、テキストなどに取っておけば、大丈夫です!

ショートコード貼っておくので、消してしまったかたや、分からなくなった方、使ってください。

◆会員登録ページ↓
[swpm_registration_form]

◆会員登録情報の変更ページ↓
[swpm_profile_form]

◆会員ログインページ↓
[swpm_login_form]

◆パスワードのリセットページ↓
[swpm_reset_form]

シロクマ先生
ショートコードだけなので
ドント・ウォーリー!

見逃しがちなメール設定(デフォルト注意)

WP Membership ⇒ 設定⇒ 「メール設定」のデフォルト設定で気を付ける事。

メールデフォルト設定

何も触らなければ、WordPressの一般設定で設定してある、メールアドレスが表示されていると思います。

この状態で、自動メール送信付の会員登録や変更、パスワードのリセットのテストを行うと、なぜか、宛名WordPressさんから来ます。

from-wordpress

あれ?確かにWordpressで送ってはいるけど、せめてサイト名にはならない訳?

と、突っ込みたくなりますよね!

シロクマ先生
なんでやねん!

 

私のWordPressオンラインスクールでは、宛名は「WPオンラインスクール」と表記されます。

その方法は、いたって簡単=すでに書いてある(気が付きにくい)

宛名表示

シロクマ先生
英語って、見落としがちなんですよね!

有料会員ペイパル(PayPal)設定方法

せっかく、ペイパル(PayPal)機能が付いているので、利用したいと思います。

今回の設定は、WPデザイン(3カ月有料コース)月額1万円です。

管理画面の「Wp Membership」⇒支払い ⇒ Create New Button

ペイパル(PayPal)ボタンの設定を新たに作成します。

有料会員ペイパル(PayPal)ボタン作成

paypal設定

ペイパル(PayPal)ボタンには2種類ありますね。

  • 今すぐ購入ボタン(単品)
  • 購読ボタン(定期購読)

両者の違いは、定期購読タイプか単品購入かの違いです。

今回設定するつもりのwpデザインコースは、3ヵ月間の定期購入になります。

そのため、ボタン作成は「PayPal Subscription」を選択し、「次」をクリックします。

設定は、以下のようにしました。

paypal設定

paypal設定

「支払日の保存」をクリックすれば、ペイパル(PayPal)ボタン一つ作成できました。

そうすると、隣のタブに「Edit Buttun」が出来ます。

paypal編集ボタン

ここでも、ペイパル(PayPal)ボタンの設定の編集が可能です。

シロクマ先生
ボタンが作成出来たら、早速使いましょう!

決算ページ作成(PayPalボタンの設定方法)

さて、ペイパル(PayPal)ボタンが作成できたので、そのボタンを活用させましょう!

有料会員のための、決算ページを作成方法についてお伝えします。

先ほどの、支払い設定の、「Manage Payment Buttons」をクリックすると、支払いボタン一覧が表示されます。

その中の、一番右側の「ボタンのショートコード」を「選択コピー」します。

paypalショートコード

次に、新規固定ページを作成します。

そのページは、有料会員サービスページとして作成します。

先ほどのショートコードを任意の場所にコピペして、公開します。

paypal固定ページ

固定ページを表示させてみると、作成したボタンが表示されます。

 

paypalボタン

この、ペイパル(PayPal)ボタンがしっかり設定されているか確認します。

paypalページ

このようにペイパル(PayPal)ページが表示されればokです。

できれば、このあと、テストでログインし決済まで行ってみて下さい。

それは、ボタン設定時に、決済終了後のリダイレクトurlへサイトページが移動されるかの確認です。

先ほどの設定は、ペイパル(PayPal)決済後、会員登録ページに移動します。

paypal会員登録

シロクマ先生
ここで、登録してもらって完了ですね!

まとめ

今回は、Wordpressの無料プラグイン「Simple Membership」の良くある3つのつまずきをご紹介しました。

再プラグイン設定後の固有ページが生成されない
⇒ショートコードを張り付ければOK

メール設定でWordPressが宛名の件
⇒オリジナルの宛名をメルアドの前に設定すればOK

ペイパル(Paypal)ボタンの作り方
⇒支払い ⇒ 新規でボタンを作成して、固定ページにショートコードを張るだけ。

大きくこの3つをお伝えしましたが、他の設定もつまずいている方も多いかと思います。

まとまったら、またこの記事に追記していきますね!

実際の会員サイトはこちらです。
>>WPオンラインスクールはこちら

シロクマ先生
会員サイトは、工夫次第で
マネタイズできますね!