The following two tabs change content below.
小澤朋子
現在、初心者のためのワードプレス・スタートアップアドバイザーとして活動中!ワードプレスの導入・設定でお困りの、あなたのための、お手伝いをしています!本格的にネットで集客をお考えのあなたのためのサービスです。また、時間や場所に捕らわれない「ノマドライフ」を堪能する日々を送っています(^-^)/





Wordpressのプラグインって、ほんとに簡単に付けられるプラグインと、イマイチ設定方法がわからないプラグインてあると思う@「ノマド」な主婦Toroです(^-^)/

とくに、会員サイト作りたいと思ったとき、プラグインがいくつかあるんですよね。

この会員サイト用プラグインの設定が曲者なんです。。

いくつか試しましたが、結局どこまでできるのか、イマイチわからない記事が多い印象があります。

そして、会員サイトって、その人が思い描いている仕様と違っていることが多い気がします。

実装して初めて、

「あれ?これって、私がやりたい方法できないじゃん!!」

よくありますよね。。。。

ま、勉強・勉強。。

と自分に言い聞かせ、時間を使っていることが多々あります。

「あ~~あ~。これじゃなかった。。orz」

と思われないように、先にお伝えしないといけないと思いました!

先日お伝えした、ソーシャルログインで会員登録ができるプラグインをお伝えしましたが、

まだ見てない人は、ここから確認してみてね。

WordPressでソーシャルログインのためのプラグインGianism(ジャイアニズム)!

こちらは、ソーシャルアカウントで入るレベルの無料会員サイトなので、基本は無料会員の設定です。

そのため、どんな会員サイトにしたいのかによって、プラグインを選ばなければいけません。

今回詳しくお伝えしていくプラグインSimple Membershipは、会員の種類が簡単に設置できる優れものです。

なので、無料会員から、有料会員がいて、その中にカテゴリー別にというような、細かな設定をするレベルの会員サイトを作成することが可能なプラグインです。

おなじみのシロクマ先生が、丁寧に解説していきます。




スポンサーリンク

 プラグインSimple Membershipとは

シロクマ先生
会員サイトで、会員の種類を細かく設定したいサイト作ってみませんか?

 

このプラグイン、なんと!

ほんとに簡単に、会員の種類が違っても管理できるプラグイン!

「Simple Membership」をお伝えします!

なぜ、こんな事を言うかと言いますと、

通常の会員サイト用のプラグインの多くは、

1つのプラグインでは制御できないため、2つくらいプラグインを併用して使用する場合が多いということなんです。

別に、実装できればいいじゃん。

って考えであればいいんですが、個人的にあまり余計なものは付けない派なので、シンプルが好きです。

特徴として、このプラグインで設定できるのは。

  • 新規会員登録(種類の設定が可能・有料会員の課金設定)
  • ログイン
  • パスワード再設定
  • プロフィール表示&変更

早速、使用したい方は、管理画面のプラグインから、新規追加で、「Simple Membership」を検索し、有効化してください。

Simple Membership

そうしますと、管理バーに、「WP Menbership」が追加されます。

Simple Membership2

シロクマ先生
やっぱり、Simple is the best!でしょ! 

 

例として作ろうとしている会員サイト

  • 無料会員登録(無制限)
  • webデザイン習得コース(有料&3ヶ月)
  • webライティング習得コース(有料&6ヶ月)

これらが設定できるまでの工程を説明していきます。

Simple Membershipの日本語化

初めて使うプラグインって、使い方自体知らないのに、さらに英語だと設定に時間がかかってしまいますね。

やはり、日本語に変更しましょう!

実は、日本語ファイルは存在しているのに、英語表示のままでした。

こちらの表示は、FTPソフト「FileZilla」です。

他のサーバーでのファイルマネージャーを使用の方は、こちらを参考にしてください。
>>サーバー別画像アップ方法!ファイルマネージャーの使い方

日本語化

 

どうやら、反映していないようなので、ファイル名を変更してください。

 

ファイル名変更

po・moファイルは、多言語に対応するためのファイルです。

大体のCMSは世界中の人が使用しているので、様々な言語対応のため「po・mo」ファイルが存在しています。

そして、多くのプラグインには、この「languages」フォルダの中にその言語ファイルが存在しています。

基本的に日本語の場合「ja・JA・jp・JP」などが含まれているファイル名が多いです。

また、中途半端に訳されていることが多いため、自分で追加したい場合は、Poeitというツールを使用し、変更追加が可能です。

Poeitの変更・追加方法については、こちらの記事に書いています。
>>Poeditで日本語化(翻訳)する方法

ということで、swpm-ja_JA.mo ⇒ swpm-ja.moに変更してください。

日本語化

シロクマ先生
moファイルのみでOKです。 

 

準備は完了したので、早速、会員の種類から設定していきます。

Simple Membershipの会員設定

最初は、会員の種類の設定から行います。

ここでは、会員の種類(レベル)の設定や、カテゴリー・固定ページ・投稿ページの表示非表示の制御を設定することができます。

会員の種類

管理バーの「会員の種類」から、無料会員登録を設定します。

無料会員登録なので、有効期限は「無制限」に設定し、更新してください。

無料会員

 

続いて、 webデザイン習得コース(有料&3ヶ月)を設定します。

デザインコース

有効期限を3ヶ月に設定して、更新します。

もう1つも同じように登録して、会員の種類は設定完了です。

会員の種類

それぞれの会員IDをメモっておいてください。

シロクマ先生
IDは後で使うよ!

さて、お隣のタブには、限定公開コンテンツを管理できる説明のみが載っています。

限定コンテンツ

要するに、一つ一つの投稿や固定ページ自体に、どの種類の会員が見ることが出来るかのチェックが、固定ページ・投稿ページの最下部に付いていています。

制限しない場合は、「No。。」を選択してください・

会員の制限を付けたい場合は、「Yes。。」にチェックをし、許可できる会員の種類にチェックを入れて、制御が可能です。

シロクマ先生
みせたくない会員にはチェックなしだよ!

カテゴリーの限定公開

一番右のタブでは、サイト上で設定してあるカテゴリー一覧が表示されます。

カテゴリー一覧

ドロップダウンリストに、「General Protection」を選択して、ログインしていない人は、見れないカテゴリーをチェックし、「更新」します。

その後、それぞれの会員の種類によって表示されるカテゴリーをチェックして、「更新」します。

ここで、チェックしたカテゴリーに属した(投稿・固定ページ)は、勝手に、制御されます。

カテゴリー制御

ここでは、カテゴリー制限をかけない場合は、「No。。。」にチェックとなってます。

会員制御のカテゴリーにチェックが入っている場合は、すでに「Yes。。」にチェックが入っています。

なので、下の会員レベルのチェックをしなと、いつまで経っても表示されないので注意が必要です。

シロクマ先生
投稿・固定ページの更新の時は、一番下も確認してね!



Simple Membershipの設定

ここでは、無料会員登録者の表示や有料会員の設定・それぞれのページの推移先の設定ができます。

基本設定

基本設定1

デフォルトでは、無料会員の設定はされていません。

今回は、無料会員もいるので、チェックします。

  • 無料会員を有効化に☑
  • 無料会員のレベルIDを入力
  • Moreタグ以下のコンテンツを限定公開は、投稿内の記事の途中レベルで制御するかどうかの☑
  • Adminバーを隠すに☑

基本設定2

あと、それぞれのページのURLは、デフォルト表示されているので、変更したい場合は、お好みで変更できます。

設定が良ければ、「変更を保存」をクリックします。

返信用メールテンプレート

残念ながら、元のテンプレートに関しては、すべて英語なので、日本語に直してね!

メールテンプレート

シロクマ先生
よくある文言に、変更すればいいだけだよ!

会員別ログイン画面の設定

一般的な会員サイト用のプラグインは、会員種類が複数の場合の対応が非常に面倒なんです。

しかし、このSimple Membershipプラグイは、会員種類が複数の場合でも、お手の物です。

Simple Membershipをインストールし、有効化すると、固定ページに以下の種類のページが作成されます。

  • 会員登録を呼び込むためのページ(自由に変更可)
  • 新規会員登録(3種類必要)
  • ログイン
  • パスワードのリセット
  • 会員情報

固定ページ

こちらも、タイトルが、英語になっているので、日本語に直しておきましょう!

Registration ⇒ 無料会員登録に変更して、更新します。

ここで確認していただきたいのが、カテゴリーが子カテゴリーになっています。

親にするか、子にするかは特にこだわらないので、ここでは、このままにします。

この、記事内にあるショートコードは、デフォルトです。

swpm_registration_form

無料会員登録

会員の種類を変更して登録させたい場合、

デフォルトのショートコードを新たな固定ページにコピペして、タイトルは、その会員種類名にします。

記事内にデフォルトのショートコードを貼り付けます。

そこに、会員IDを追記してあげれば完成です。

swpm_registration_form ⇒ swpm_registration_form level=3

 

会員登録dezain

シロクマ先生
これで、会員別登録ページをバンバン増やせるね。

まとめ

この会員サイト用プラグイン、半分位が英語表記になっていますが、重要な設定部分は日本語になっているので、十分設置は可能です。

Simple Membershipプラグインで会員サイトを作成する場合

  • カテゴリー別・投稿・固定ページに会員別設定が簡単に設定できる。
  • 複数の会員の種類の設定が簡単に簡単に設定できる。
  • 有料会員(課金)も簡単に設定できる。(Paypalのみ)
  • それぞれのページのリンクを自由に簡単に設定できる。

どうでしたか?

いろんな会員サイト用のプラグインの中ではとても使用・設定が簡単なイメージが強いです。

みなさんも、様々な会員を設定して、有益な会員サイトを作ってみましょう!

シロクマ先生
Webスクールもこれで管理しよっと。。

会員サイトの入り口として、ソーシャルログイン(SNSアカウント)で入れるようにできるよ!
>>WordpressでソーシャルログインのためのプラグインGianism!