「備えあれば憂いなし」何事にも、バックアップって、大切だなーと感じる@「ノマド」な主婦Toroです。

みなさんは、どこのサーバーを利用していますか?

きっと、Wordpressサイトを運営している方の多くは、エックスサーバーの方が大半かと思います。

中には、ロリポップ!さくらのレンタルサーバ100GB無制限レンタルサーバー【X2】などなど、様々な用途に基づいてサーバーを選んでいるかと思います。

サーバーの選び方については、記事にしていますので参考にしてください。
>>動物でもわかる!WordPress初心者にはこれ!サーバーとドメイン選びのコツ

さて、サーバーによって、歌い文句なんかがそれぞ違うと思います。

そのなかでも、サーバーによって「自動バックアップあり!」

この意味を、はき違えている方多いと思います!

実は、Toroもその一人だったからです!

そうなんですよ。。。バックアップは、してくれるんです!

しかーーし、そのデータを利用したい場合は、約¥16,000くらいかかります。

バックアップデータを、期間的に保管してくれるのは、ありがたいんですけど。。。

利用したい場合は、お金を頂きます!ってね。。。

そこまでしっかり読んでいなかった私が悪いんでしょうね。。

でも、それってバックアップしてますって歌い文句にするレベルなのか?

すいません。取り乱しました。。(-_-;)

ということで、自分の資産は自分で守りましょう!

そのためのプラグイン、「BackWPup」は、とても優れものなので、ぜひ使ってくださいね。

以前、基本的なバックアップ方法とDropBoxへの保管の方法をお伝えしました。
>>とっても簡単!サーバー&DropBoxへ自動バックアップ!「BackWPup」

今回は、FTPを利用して、他サーバーへバックアップファイルを保管する方法をお伝えします。

なぜ、この方法を利用したほうがいいのか?

また、そのメリット・デメリットについてもお伝えしていきます。

シロクマ先生
皆さんも、データ管理方法を、見直すきっかけかもしれませんよ!



FTPでバックアップってどんな場合利用するの?

FTPを利用して(自分のサイト以外の場所)へバックアップファイルを保管することです。

通常、このプラグイン「BackWPup」には、バックアップファイルの保管方法として8種類(無料範囲)用意されています。

そのうちの、自分のサイト内・DropBoxへの保管方法を伝えています。
>>とっても簡単!サーバー&DropBoxへ自動バックアップ!「BackWPup」

この場合は、個人で管理している場合や、所有するサイトが1、2個であれば、十分かと思います。

特に、DropBoxに関しては、無料範囲内であれば、あまり沢山のファイルを保管しておくことができませんよね。

では、FTPを利用したほうがいい場合はどんなケースがあるか見てみましょう。

FTPを利用したバックアップがお勧めの場合

  • サイトを複数管理している場合
  • 契約しているサーバーが複数ある場合
  • 性格的におっちょこちょいで、データを間違えて消してしまった経験アリ

もちろん、複数サイトを持っていても、自分のWordpress内に保管されていればいい!

と、いう方もいると思います。

サーバーを管理されている方はご存知かと思いますが、

1つのサーバー内に、いくつもサイトを管理していると、サイト一つを削除することが簡単ですよね?

間違えて。。。なんて。。ことにもなり兼ねないと思いますよ。。

ああ。。私ならありそう。。

いや、以前確かにありました。。

シロクマ先生
絶対こういうこと、あり得るよね。。

 

また、1つのサイト内のバックアップデータを確認する場合、いちいち、そのフォルダの階層まで下がって。。

はい、次のサイト上がって。。て、結構面倒なんです。。

そうなんです!

階層(階段)の上り下りがつらいんです!

息切れしちゃいます。。。

ε-(´・д・`)ハァ…

ε-(´・д・`)ハァ…

やっぱり、自分の管理しているサイトのバックアップデータは、一か所にデータを集約していたほうが断然楽なんですよね!

1つ1つバックアップフォルダの確認をするよりは、遥かに管理しやすいですよね?

と、いうことで、FTPでバックアップデータを1か所で管理することをお勧めしています。

シロクマ先生
では、その設定方法について、伝えていきますね

FTPでバックアップ設定(BackWPup)

この場合の(例)
契約しているサーバーは、「エックスサーバー・X2サーバー」とします。

X2サーバーは、ドメインが無制限なので、X2サーバーに20個サイトを保持しています。

しかし、エックスサーバーのほうが、保存容量が多いので、バックアップデータは、エックスサーバーへ保管します。

この辺のエックスサーバー・x2サーバーの仕様の違いは、別の記事にあるので、チェックしてくださいね。
>>兄弟?!X2サーバ vs Xサーバー どっちがWordPressサーバーに適してるの?

BackWPupの設定方法(一般)

BackWPのプラグインをインストールしたら、管理画面から、「Add New Job」をクリックします。

最初は、一般(General)のタブになっています。

backwpup-ftp

この処理名を「FTP-Backup」とします。

保存するファイルは3種類とします。

  • データベースファイル
  • WordPress本体のフォルダ
  • XMLファイル

圧縮ファイルの種類は、どちらか自分のPCで選んでください。

  • Windows=Zip
  • Mac =Tar GZip

FTPファイルへも保存しますよ、というチェックを追加します。

BackWPupの設定方法(スケジュール)

隣のタブのすケージュールの設定へ行きます。

ここでは、自動でバックアップファイルの作成のタイミングを、設定できる場所です。

backwpup-スケジュール

クローンを作成するに、チェックを入れます。

ここでは、月に1度バックアップファイル作成するという設定です。

その下は、週、その下は毎日というように、サイトの更新頻度によって変更すればいいと思います。

BackWPupの設定方法(to:FTP)

FTPの情報を入れる前に、保管したいサーバーのFTPアカウントの確認します。

この場合は、エックスサーバーなので、サーバーの管理画面に入ります。

エックスサーバーFTP

メニューで、FTPアカウント設定をクリックします。

上部のタブの、FTPソフト設定の項目を開いておきます。

パスワードの確認は、サーバー契約した際のメールに記載されていると思います。

続いて、BackWPupのFTPタブを開きます。

FTP設定

エックスサーバーの情報を入力します。

保管するフォルダ名と保管するサイト名のフォルダを設定します。
/保管するフォルダ(Backups)/保管するサイト名のフォルダ/

保管するバックアップフォルダの最大数を5くらいにセットします。

これで、保存すれば、設定完了です。

設定が完了したら、「今すぐ実行」で試してみてくださいね。

シロクマ先生
FTPの設定のみ追加するだけで、
管理がグーーと、楽になるね!



まとめ

FTP経由で、まとめてバックアップファイルを保管する場合

  • サイト保持数が多い。
  • サーバーを複数管理している。
  • おっちょこちょいで、データを間違って消しやすい人

こういう人は、プラグイン「BackWPup」のFTP経由で、一か所にわかりやすいようなフォルダで並べてあげると、とても管理が楽になります。

とりあえず、バックアップさえ出来ていればいいという人は、単純に自分のサイト内のフォルダに保管してもいいと思います。

あと、余談ですが、外部のクラウドサービスへバックアップフォルダを保管されている方の多くは、DropBoxへ保管されている人多いですよね。

しかし、クラウド上のドライブ管理もたくさん登録されていると、それも管理が面倒ですよね。

多くの方は、GoogleのサービスのGドライブを利用されている方って多いと思います。

なので、思い切ってプラグイ「BackWPup」有料サービスを利用すれば、保管場所をGドライブへ設定が可能になっています。

シロクマ先生
Gドライブで管理してる人には、管理が楽だね!

 




The following two tabs change content below.
小澤朋子
Webを活かす方法や利用する方法をお伝えしています! このブログでは、働き方改革も含め、新しい価値観やライフスタイルを通じて、誰かの役に立てればと考えています(^-^)/