The following two tabs change content below.
小澤朋子
現在、初心者のためのワードプレス・スタートアップアドバイザーとして活動中!ワードプレスの導入・設定でお困りの、あなたのための、お手伝いをしています!本格的にネットで集客をお考えのあなたのためのサービスです。また、時間や場所に捕らわれない「ノマドライフ」を堪能する日々を送っています(^-^)/




鯖(サバ)は塩焼きが好きな、@「ノマド」な主婦Toro(^-^)/

少し時間が経つと、サービス名や、金額などが大きく変わっていたと気づきました。

最初に書いた記事から、だいぶ仕様・金額が変わっていたので、リライトしました!

WordPress(ワードプレス)を始める場合は、
必ずレンタルサーバーを契約しなければいけません

  • どこのレンタルサーバーがいいのか?
  • なぜ、そこのレンタルサーバーがいいのか?
  • WordPressのサイトの場合、サーバー選びのポイントがあるのか?
  • WordPress初心者におすすめのサーバーはどこなのか?

以前、動物でもわかる!おすすめの無料ブログ有料ブログのサービスの違いって?で、独自ドメインについて説明しました。
まだ見てない人は確認してね!

今回も「シロクマ先生」が、WordPress初心者のための、サーバーとドメイン選びのコツを丁寧に教えてくれるよ!

おすすめサーバー

みなさん、おはようございます。「シロクマ先生」だよ。

今回は、WordPress初心者のための、サーバーとドメイン選びのコツを伝えていきますね。

クロ美
なんか。。今日は。。
和風な感じ。。漁師???
ペン子
今日は、ハチマキしとるで。。。
どうしたんやろ。。。
強気シロクマ先生
。。なんか今日は
見られてる感がある。。。フフ(喜)
強気シロクマ先生
今日は、皆にサーバってやつを伝えてくぜ
クロ美
え?
「ぜ!」ってキャラ変わってない??
ペン子
?!どうしたんやろ。。
ハチマキのせいやろか。。
突っ込みにくい。。
強気シロクマ先生
みんなぁ!サーバーってどんなか知ってるかーい?
クロ美
え?
サーバ(さーば・鯖)って言ったら。。
ペン子
うちな、味噌の煮込み好きやねん!
クロ美
私は、鯖寿司かしら!
強気シロクマ先生
あー、なるほどね!
それなら。。。
ほら、ビールをおいしく飲むために、泡とビールを「7:3」にするあれね?
ペン子
それは、「ビールサーバー」やねん!
強気シロクマ先生
あー、そういえば、
ほら、バレーボールで最初の人が打つ。。。
ペン子
はいはい、サーバーね!
強気シロクマ先生
あー、それと。。
最近、天然水なんかを販売してくれる。。。
ペン子
あ~、「ウォーターサーバー」ね!
強気シロクマ先生
あー、あとは。。。
ペン子
。。まだあるんやろか。。。
ちょっとしんどいな~。。
クロ美
ちょっと!いい加減にしてくれない!
シロクマ先生
す。。すいません。。
ちょっと、調子に乗ってしまいました。。。
では。。本題に戻ります。。


スポンサーリンク

WordPress初心者のためのおすすめサーバー3選

WordPressにとって、サーバー選びは本当に重要です!

この選択を間違ってしまうと、あとで後悔しちゃいます!

後悔する前に、主なサーバーの比較と、ポイントをまとめました。

これから、Wordpressを導入しようとしていて、何のサーバーにしようか迷っているあなたはチェケラ!

【サーバー名】

  1. ロリポップ!(スタンダード)
  2. さくらインターネット(スタンダード)
  3. エックスサーバー(X10)

なぜこの3つに選んだのか?

  • 個人ユーザーレベルが対象
  • WordPress簡単インストールがついている。
  • サービス(マニュアル)が豊富。
  • 個人Wordpressユーザーの、ほとんどが利用している(はず)。
シロクマ先生
これから一覧比較で出てくる項目を簡単に説明するね。

 

エックスサーバー・さくら・ロリポップ比較(税抜き)
エックスサーバー
(X10)
さくら
(スタンダード)
ロリポップ
(スタンダード)
初期費用¥3,000¥1,000¥1,500
月額料金
(年間契約時)
¥1,000¥500¥500
ディスク容量200GB100GB120GB
転送量制限70GB/日80GB/日100GB/日
マルチドメイン無制限20個100個
CPUXeon E5-2630v3 ×2
(8コア/16スレッド)
Xeon E312xx
(4コア/4スレッド)
CPU×2(不明)
(6コア/12スレッド)
電話サポート
MySQL550個20個30個

赤い表示は、その項目の中でベストな表現

ロリポップ




初心者、とりあえず体験したいというユーザには、敷居が低くてお得です(^-^)/

ここで、超~~おススメなのは「スタンダード」(旧チカッパ)です!!

プラン比較
★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★

今回は、Wordpressのためのサーバーとしての比較のため、

一応、「ライト」または「スタンダープラン」です。

ライトプラン

  • プラン:ライト
  • 初期費用(税抜き):1,500円
  • 月額(税抜き):250円~
  • 容量:50GB
  • 転送量:60GB/日
    ※アクセスが多いサイトはここの量が多いほうがいい。
  • 独自ドメイン:50個
  • MySQL:1個
    ※Wordpressインストールできる数
  • WordPress:CGI版

 

スタンダードプラン

  • プラン:スタンダード
  • 初期費用(税抜き):1,500円
  • 月額(税抜き):500円~
  • 容量:120GB
  • 転送量:100GB/日
    ※アクセスが多いサイトはここの量が多いほうがいい。
  • 独自ドメイン:100個
  • MySQL:30個
    ※Wordpressインストールできる数
  • WordPress:CGI版・モジュール版
    ※モジュール版はCGI版より37倍速い

 

2種類のプランとも、Wordpressの簡単インストール付きです。

ライトは、スタンダードの半額ですが、確実に「スタンダード」をお勧めします!

細かくライトより上回っていますが、大きな違いとして2つ。

ライトプランは、データベース(MySQL)が1個のみ
MySQLが1個 = WordPressサイト1つしか設置ができない
※1つのデータベース(MySQL)でも複数のwordpressサイト設置は可能ですが、オススメしましません。

もう一つは、昨年の後半(2015後半)から追加されたサービスのようです!

プラン一覧に、「モジュール版PHP」と追記されているサーバーは、CGI版と比較すると、37倍速いそうです!

そのため、もともと、遅いと言われていたロリポにとって新しい「スタンダード/旧チカッパ」は武器ですね!

シロクマ先生
ライトプランは、とにかく初めてで、サーバーやWordpressのお試し運営の場合いいかもしれませんね!

さくらインターネット

お手頃のWordpress用のサーバーとして人気が高いサーバーですね。

ロリポップ同様、価格がお手頃ということ、ロリポップより安定性が高いと評価されています。



スタンダードプラン

  • プラン:スタンダード
  • 初期費用(税抜き):1,000円
  • 月額(税抜き):500円~
  • 容量:100GB
  • 転送量:80GB/日
    ※アクセスが多いサイトはここの量が多いほうがいい。
  • 独自ドメイン:20個
  • MySQL:20個
    ※Wordpressインストールできる数と認識しておいたほうがいいかも

 

ロリポップ!のスタンダードプランと、同じレベルのような感じですね。

前述しましたが、ロリポップに新しい機能が選択できることから、コスパ面からだと、ロリポップではないかと思います!

ただ、比較的混雑時(夕方)などでも、安定性が高いサーバーとの評価をよく見かけます。

マイナスポイトとしては、Wordpressインストール時に、独自ドメイン直下で設定できなったのが、面倒でした。

そのため、本当の初心者の場合、インストールだけでも難しく感じる人は多いと思います。

シロクマ先生
コスパと、安定性で考えると、ロリポップかエックスがいいかもですね。!

エックスサーバー

WordPressサーバーと言ったら、このエックスサーバーを勧めない人はいない!

というくらい、有名なサーバーです(^-^)/



先ほどの2つ(ロリポップ!・さくら)と比較すると、大体倍近くの価格帯になっていますね。

その割には、全てが倍近くの値ではないですよね?

これでは、「ロリポップの方がまし!」と思う人もいるでしょう。

比較シートでも、サーバースペックは1番いいサーバーを使用しています。

そして、安定性が高く、性能の高いサーバーを利用している。

それだけでも、選ぶ理由になります!

個人的におススメなのは、サービス内容なんです。

エックスサーバーに関しては、Wordpress運営していくに当たり、とても高機能で安定したサーバーと言えます。

シロクマ先生
このToroノマドもこのエックスサーバー(X10)を使用しています。
この理由は、サーバーの性能の比較でお伝えしますね。

 

レンタルサーバーここまでのまとめ

シロクマ先生
有名なサーバー3つを比較しましたが、
サーバーを決めるのは、
金額だけではないようですね。
クロ美
とりあえず、安いのでいいわよ!
ロリポップイラストがかわいいから、
なんか、初心者に優しいイメージあるわ!
ペン子
うちもやな、
とりあえず、お試しのロリポップでええわ!
シロクマ先生
そうですか。。。
でも、もう少し詳しく見ていくと心変わりするかもですよ。

 

レンタルサーバー性能の比較とは?

表で、示しているCPU(シーピーユー)とは、サーバー名として認識してください。

CPUはいわば、サーバーの心臓部分、すべての動作・速さがこれで決まるといっても過言じゃないよ。

そのため、CPUがそれぞれ違うということは、サーバーの性能が違うということですね。

シロクマ先生
次に、そのCPUの性能を比較するために(コア数/スレッド数・メモリ)などで、違いを見てみましょう!

コア数・スレッド数・メモリ ってなに?

では、一番差があるサクラとエックスサーバーの違いを確認してましょう。

  • さくら4コア4スレッドメモリ18GB
  • エックスサーバーの6コア12スレッドメモリ24GB

さくらサーバースペック(4コア4スレッドメモリ18GB)

4コア4スレッド

クロ美
なんか、やる気のない人が
片手間的な仕事してる感じね!
ペン子
せっまいところで、
くっついて作業しとるな。。
シロクマ先生
これは、私は好きでやってる訳ではないですよ。。

4コア・4スレッドのメモリ18GBっていうのは
18GBという広さの中で、4つのコアが4つの腕で作業しているようなものです。

 

エックスサーバー「Xeon E5-2430L」の8コア16スレッドメモリ24GB

8coa16sred

クロ美
さっきと違って、
広い空間でみんな両手で作業してわ!
ペン子
なんか、大きめの工場での仕事のような感じやな。
シロクマ先生
そうです、上と下ではかなり違いますよね!
6コア12スレッドメモリ24GBというのは、
先ほどの約1.5倍の広さで、6つのコアが2つの腕を持っていて、
同時に動いている12本の腕で作業しています。

ここでわかるのは、エックスサーバーのスペックがどれだけ高いか、お気づきかと思います。

とくに、Wordpressに関しては、これはとっても大きな意味があります。

それは、前回お伝えした、動物でもわかる!初心者がWordPressを始める時に知っておきたい知識とは?で、Wordpressは(php+Mysql)で作成されたCMS(コンテンツ管理システム)とお伝えしましたね。

次に、サーバーの性能と速さの関係をお伝えします。

 Wordpressの表示される速度について

WordPressは(CMS)なので、通常のHTMLのサイトと比較すると、
インターネットにアクセスしてから、表示されるまでの速度が明らかに違うんです

wordpress距離

通常のHTMLのサイトの場合
インターネットアクセス し、サーバー内のファイルを読み込み、そのファイルをそのまま表示させる。

ちなみに、さくらサーバーは、こちら側では、とても早く、安定性が高いサーバーとして有名です。

WordPress(CMS)の場合
インターネットアクセス し、サーバー内のファイルを読み込み、データベースにデータを取りに行きます。

そして、そのデータをWeb上に反映させて、初めて表示される。

このように、Wordpressのサイト構成上、通常のHTMLサイトと比較すると、

WordPress用のサーバーは、とてもたくさん働かなければいけないことがわかりますね。

性能の低いサーバーでも、記事が少ないうちは、特に遅いとか気にならないと思います。

それが、どんどん記事数が多くなったり、アクセスが多くなったり、画像が増えていくと、サーバーにどんどん負荷がかかります。

だんだん、ボディーブローの様に、動きも(更新)にも時間がかかるようになります

シロクマ先生
そのため、
WordPressのサーバーを比較する場合は、
性能を確認する
ことをおすすめしまよ。
ペン子
Wordpresっていうのは、普通のやつと
こんなん違うんやな。。
クロ美
じゃあ、普通のサイトと比べると、
単純に2倍くらい表示される時間が遅い感じかしら。。。
シロクマ先生
ここでは、単純に仕組みだけを表示しただけなので、
実際に表示スピード自体は、いろんな要因があるんだけど。。
それはまた、今度の機会に伝えるね。

 Wordpress初心者が選ぶサーバーとは

シロクマ先生
考え方次第なんだけど、
サーバー初心者やWordpress初心者にとって、
一番敷居が低いのは、ロリポップ!
「スタンダード」だとおもいます。
クロ美
でも、安定性は低いでしょ?
シロクマ先生
そうですね。ここに当てはまる人は。。。

WordPress初心者で、とりあえずやってみたい。。
というような方向けですね、

クロ美
たしかに、私も本格的に稼ぎたし、
自分のサービス広めるんだから
ロリポやさくらではないかな~。。
ペン子
うちも稼ぎたいんやけどな~。。。
でも、エックスサーバーは、ちっと高いんちゃう??
シロクマ先生
価格帯は、性能に比例してますね。。
でも皆さん、最初と考え方が変わったみたいですね。

やはり、何かを始めるには、投資が必要ですね。
では、Wordpress初心者がサーバーを選ぶためのパターンを3つの用意しました。

ロリポップ(スタンダード)の場合

  • WordPress始めたいけど、初期投資を低くしたい。
  • 簡単で、わかりやすい説明が欲しい。
  • 本格的にブログが軌道に乗ってきたら、お引越しをする。
  • 独自ドメインに直接インストール可能。

さくらインターネット(スタンダード)の場合

  • WordPress始めたいけど、初期投資を低くしたい。
  • 簡単で、わかりやすい説明が欲しい。
  • 本格的にブログが軌道に乗ってきたら、お引越しをする。
  • 独自ドメインに直接インストール不可。

エックスサーバー(X10)の場合

  • 超初心者でも、強気でガッツリWordpressをやりたい人
  • 安定性と高機能のサーバーで有名なエックスサーバーが一番。
  • SSL化も将来の視野に入れている。
  • 最初の1つは、独自ドメインを無料。
シロクマ先生
大きく2つのパターンから選ぶ感じですね!
みなさんは、なんのサーバーにするか決めましたか?
クロ美
私は、断然、エックスサーバーね!
極めてやるわーー!
これからの私へ、投資って感じよ!
お金払ってるんだから、やんなきゃいけないわよね!
ペン子
うちは。。。
んー、とりあえず、ロリポップでええと思ったわ。。。
データ引越しできるんやろ?
形になってきたら、ええサーバーへ引越しすることにしたわ!
シロクマ先生
また、エックスサーバー以外で、データの引越しを考えている方へ
守っていただきたい、注意点があります!

データの引越しとドメインの関係


ドメインはムームードメインで取得し、サーバーがロリポップの場合、ドメイン管理はムームードメインのままに置いておき、サーバーだけ移動する。

というやり方が、スマートなのかもしれませんね。

この場合は、ドメインとサーバーが別管理になります。

なので、契約した日なんかをチェックしていないと、知らないうちにドメインだけ使えなくなる、なんて失敗もありますので。。。。

※ドメインの使用年数が長ければ長いほど、ドメインは価値が高くなるので気をつけてくださいね!

 まとめ

WordPress初心者がレンタルサーバーを選ぶ3つのコツ

  1. プランの金額や表面的な表記だけではダメ
  2. WordPressの場合は特に、サーバーの性能を確認する。
  3. 容量よりも、転送量が多いほうがいい。
シロクマ先生
自分の状況に応じたサーバー選びがいいですね。
ここで、紹介していないサーバーもたくさんあります。
興味のある方は、調べてみると面白いかもですよ。
クロ美
よし!これでサーバー選べたわ!
次は、契約やら、なんやらやるのよね。。。
ペン子
うちも、サーバーは決められたで、次早うやろ!
シロクマ先生
そうですね。。。
次回は、実際にそれぞれのサーバーの契約してみよう!
って感じでいいかな?

ドメイン・サーバー選択から、

さくっと、ワードプレスの導入や設定をお任せしたい人は、

↓こちらのサービスページから、お申し込みをお願いします(^-^)/

>>サービスページはここから

ワードプレススタータップ

もし、ワードプレスを導入・構築を自分で、やりたい方は、ここを参考にして

一つ一つ、作業してみて下さい(^-^)/

>>ここから参考ページ

wordpress初心者

 

サーバー関連記事

>>動物でもわかる!ロリポップ編・初心者のためのWordPressインストール方法

>>動物でもわかる!エックスサーバー編・初心者のためのWordPressインストール方法

>>ドメイン・サーバーはコスパで選ぶ ムームードメイン+エックスサーバーの設定方法