The following two tabs change content below.
小澤朋子
近年、個人で起業される方が多くなる中、もっと自分のサービスの認知度を高めるために、Webを活用している方が増えてきました。しかし多くの方は、Web媒体を活かせずいます。点を線で結び、あなたのHPやブログ、SNSの活かし方や、それに伴うサイト製作やSNS連携方法等、Webでの認知度を高めるためにWebマーケティング企画を提案しています。メール:info@triz-web.com





最近、SSL化の流れが強くなっていると感じる@「ノマド」な主婦Toroです。

さて、2016/06/30から、Wordpressサーバーで名高い、エックスサーバーが、とうとう始めちゃいましたね?

何を??と思っている方。

あーそういえば。。なんかメール来てた。。みたいな。。と思っている方。

両方いると思いますが、これはちょっとした事件ですよ!

エックスサーバーでは、独自SSL化有料無料で提供を始めました!!

しかも、その独自SSL化の設定方法は、とっても簡単に出来るようになっています。
>>エックスサーバーで独自SSL化する方法

これは、SSL化の流れに拍車がかかること間違いなし!

Googleは既に、SSL化されているのはご存知かと思いますが、

以前読んだ記事から、Yahoo!も本格的に、SSL化にするという記事も読みました!
>>Yahoo! SSL化の影響、対応策を徹底解説~SEO・解析の今後は?~

そして、Googleは2014年8月に、安全性の高いサイト=HTTPS化されたサイトをSEOのランキングに取り入れる発表しています!
>>HTTPS をランキング シグナルに使用します !

なんていうもんだから。。

ハァ…( ;-ω-)=3

とはいっても、いきなり変化するとは考えにくいですが、これらのことがあるので、早めに対応してもいいかもしれませんね。

SSL化の設定に関して、作業自体は簡単なんです。

ただ、SSL化した後に、やらなければいけない事が4つほどあります。

それを知っておいた上で、SSL化しないと大変なことになりますよ!

ということで、今回は、SSL化する前に知っておくべき4つの設定をお伝えします。

また、SSL化をしたことで、ハマったこともね。。

シロクマ先生
先に知っておけば、よかった。。
ってこと多いよね。。



スポンサーリンク

SSL化の必要性とは?

とにかく、SSLって何?というところから、お伝えします(^-^)/

冒頭でもお伝えしましたが、SSL化をSEOのランキング対象にすると、Google様からのお告げがありました。

Yahoo!も、SSL化へ動き出しました。

Yahoo!も、既に、SSL化になりました!

エックスサーバーも、SSL化無料へと動き出しました。

なので、これから、Wordpressでサイトを作ろうと思っている人や、

既にWordpressサイトを持っていて、SSL化しようか迷っている人が対象です。

さっきから、SSL・・って何回で出てくるの??

そもそも、SSLって何?からお伝えしますね。

シロクマ先生
すごーい、汽車じゃないと思うよ!

SSLとは?

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で通信を暗号化する技術です。

SSLという技術を使うと、パソコンとサーバー間の通信データを暗号化できるようです。

逆に、SSLを利用しないということは、データを盗むことが出来てしまいます。

なので、SSLという技術は、第三者から、データの盗聴や改ざんを防止できます!

要するに、SSLを利用すれば、個人情報・クレジットカード情報などの大切なデータを安全にやりとりできます。

シロクマ先生
ネットショップで、クレジット情報を入れる場合は、
確認してね!

SSL化とHTTPS化とは?

SSL化されていない、通常のサイトURLの最初は「http://」となっています。

SSL化されているというのは、サイトURLの最初が、

http://~ ⇒ https://~

「s」が余分について、その前に、鍵のマークが表示されます。

httpsff

SSL化されていないサイトは、

http未

鍵の有無で判断できます。

シロクマ先生
SSL化されていない、
サイトの方が多い思いますけどね。

ブラウザによる表示方法の違い

すいません、Toroは基本的にWindowsなので、Macは割愛させていただきます。

ファイヤーフォックス

  • SSL化されている場合
    httpsファイヤーフォックス
  • SSL化されていて、表示ページ内にhttpが混ざった場合
    httpsビックリ
  • SSL化されていない場合
    http未

Chrome(クロム)

  • SSL化されている場合
    https_c1
  • SSL化されていない場合&SSL化されていて、httpが混ざった場合
    http_c

Edge(エッジ)

  • SSL化されている場合
    ege_s
  • SSL化されていない場合&SSL化されていて、httpが混ざった場合
    ege_n

ブラウザによって、見え方はそれぞれですが、ある場合は、すべて「鍵」マークは表示されています。

シロクマ先生
ついていなくても、あまり気にしないけどね。。

SSL設定方法とは

一般的に、自分でサイトを作成する場合、ドメイン・サーバーを契約しますね。

手っ取り早く設定したい場合は、自分が契約しているサーバー内でのサービスを利用したほうがいいと思います。

エックスサーバーの場合

2016/6/30からSSL化無料で契約可能です!

>>詳細はこちらから

Toroノマドの場合は、エックスサーバーを利用しているので、簡単にSSLを設置することが可能でした。

そして、既に対応済みです。

X2サーバーの場合



こちらは、やはり上位サーバーなので、X2サーバーでの契約となると、お値段高めとなっています。

でも、こちらのサーバーも同じ会社系列なので、時間の問題で、無料のサービスが始まる可能性大ですよね!

年間費は、一番安い設定でも、¥1万円~となっています。

>>詳細はこちらから

その他、SSL設定会社の場合

もしかしたら、自分が契約しているサーバー会社が、提供しているSSL設定の価格が高いからといって、諦めていませんか?

SSLを設定するのに、特にサーバー会社から依頼するだけではありません。

格安で、SSLを設定してくれる会社を、いくつか紹介しますね。

SSL BOX(エスエスエル ボックス)

年額990円~と、とてもリーズナブルにて依拠している会社見つけました!

無料のサービスが始まりました(^-^)/

エックスサーバーじゃない人には打って付け!


BFitセキュア

ここなんて、年額300円~って、すごい安すぎ。。


サイフにやさしいSSL証明書


ベリサイン

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ



シロクマ先生
格安でSSLサービスあるけど、サーバーで無料で設定できちゃうと。。。

SSL化(HTTPS化)する前に知っておくべき4つの設定

SSLや設定方法について、わかって頂けたと思います。

問題は!その後、どんな設定をしなければいけないのか気になりますね!

1はGoogleツール設定です。

2~4は、Wordpress内の設定で、プラグインで可能なため、初心者でも対応できると思います。

  1. Googleアナリティクス+サーチコンソール追加
  2. WordPress設定変更
  3. サイト内URL(画像・リンク)の変更(プラグイン)
  4. 301リダイレクト設定(プラグイン)

※注意 SNSのリンク数も「0」にリセットされますので、後でびっくりしないでくださいね!
⇒プラグイン(SNS Count Cache)で戻せるそうです(^-^)/

Googleアナリティクス+サーチコンソール追加

SSL化が完了したら、Googleアナリティクスに、お知らせが必要です。

HTTPS化は、あなたのサイトURLが変更したことと同じことです。

でも、コードを新たに取得するという面倒なことではありませんよ(^-^)/

Googleアナリティクスを開き、上部のタブ「アナリティクス設定」を開きます。

そして、「プラパティ」 ⇒ 「プロパティ設定」を開きます。

そこに、「デフォルトのURL」をhttps://にチェックを入れます。

googleアナリティクス

基本的にはそれで完了ですが、ついでに、サーチコンソールの設定をしてしまったほうがいいです。

サーチコンソール設定の追加

Googleアナリティクスでは、チェックを入れ替えるのみでしたが、サーチコンソールでは、新たなサイトとしての登録が必要です。

同じ設定ページの最下部に、サーチコンソールの追加ボタンがあるので、やってしまいましょう!

サーチコンソールへ

サーチコンソール追加

サーチコンソールが追加されれば、測定は1からになりますが、反映されるようになります。

サーチコンソール新規

サーチコンソールに追加したら、言語設定サイトマップを上げておいてくださいね(^-^)/

シロクマ先生
Googleツールに関しては、完了です!

WordPress(ワードプレス)設定変更

サイトのURLが変更されたので、変更しなければいけない場所!

分かりますよね(^-^)/

管理画面 ⇒ 設定 ⇒ 一般

wordprss設定

WordPressアドレス(URL):http⇒ https

サイトアドレス(URL):http ⇒ https

そしたら、「変更を保存」してください(^-^)/

シロクマ先生
この次が、曲者のなんだよね。。

サイト内URL(画像・リンク)の変更方法

今までの流れで、気づいていると思いますが。。

HTTPS化 = 新たなサイトURLになるということ。

そして、サーバーなどで行う、HTTPS化設定は、あなたのサイトURLを強化したサイトだよ。

っていうお知らせの設定をしているだけです。

そのため、実際サイト内ので使用されている、リンクや画像のURLは置き去りになっているんです!!

そう、いくらサーバーで設定しているからって、内部リンクは「http」のままです。

もしも、記事数が50記事以上あるサイトの場合、どうしますか?

先ほど説明したリンクをすべて、地道に手作業で置換しますか??

サイドや、TOPページのリンク等は、手作業でも十分ですが。。

画像!そうなんです!

画像がたくさんあるサイト。

Toroノマドのサイトもそうですよ。。

  • 記事数:60記事
  • 画像数:896個

えーーー!

どうしますか??

1記事1記事、開いて。。直して。。開いて。。直して。。

あーーー!

日が暮て、夜が明けるーー!!

そこで登場するのが、URLを置換してくれる優れもの「Search Regex」というプラグインです。

ここで行うことは、URLの置換のみですが、いろんな使い道があります。

細かな設定方法は、>>ここのサイトで細かな使い方が載っていました。

プラグインをインストールしたら、ツール ⇒ Search Regexから設定できます。

serchregex

urlの置換

Serch patternでは、元のURLを入力します。

その下の、Repalce patternに、どのように変更するかのURLを入れます。

ここでは、あえて、「https」を省いています

もちろん、「https」を入れても反映します。

なぜ?入れないのかと言いますと。。

話が長くなりますので、省略しますが、http・httpsのことを、プロトコルと呼びます。

早い話、プロトコル入れなければ、どちら(http・https)でも柔軟に対応できます!

入れたら、入れればで、そちらのプロトコル対応ということなので、https化された方は、入れてもokです。

なので、まだしっかり置き換わっていないので、入れないほうが柔軟に対応できるかと思います。

「Replace&Save」をクリックすれば、投稿記事内のURLは入れ替わります。

シロクマ先生
一応、バックアップしといてね

301リダイレクト設定(プラグイン)

最後の設定「301リダイレクト」です。

httpsに変更したばかりの時、既にブックマークやSNSでのリンクの場合は、httpのままで、こちらからは変更することができません。

そのため、httpでアクセスされたURLを強制的に、任意のURLへ飛ばす方法が301リダイレクトです。

サイトの引っ越しや、ドメインの変更時にはよく利用される方法です。

通常301リダイレクトする場合の手段として、htaccessファイルに追記するだけです。

しかーし、このファイルどこ?どうやって追記するの?

という声が聞こえてきそうなので、今回はプラグインで設定することにしました。

特に細かな設定は必要ないので、「Simple 301 Redirects」というプラグインで対応します。

インストール後、管理画面⇒ 設定⇒ 「301 Redirects」をクリックします。

移行元URL ⇒ 移行先URLを設定して「変更を保存」で完了です。

301リダイレクト

既にブックマークしてる人などは、知らないでhttpの方でアクセスしても、この301リダイレクト設定をしておけば、httpsの方へ強制的に移動してくれます。

シロクマ先生
これで、SSL化はバッチリだね!

まとめ

SSLとは、インターネットのやり取りのデータを、暗号化してくれる技術。

そして、urlの最初のが、http⇒ httpsへ変更され、鍵マークがつく。

ネットショップ利用時には、そのお店のurlを確認したほうがいい。
※クレジット決済を利用しているのに、HTTPSになっていないお店は避ける!

SSL化への注意点

ブログやアフェリでのサイト運営の場合は、アフェリサイトのリンクはまだ、HTTPS化されていないサイトがまだあるため、びっくりマーク出てきます。

とくに、鍵マークを特に気にしないのであれば、変換してもいいかもしれませんね。

ただ、完全にHTTPS化されてないと、安全でないサイト。

という表示になり、いやな気分になります。

https安全

でも、Toroノマドは安全ですのでご安心ください(^-^)/

シロクマ先生
そのページに、HTTPS化されていない
リンクが混ざっているだけですから!

SSL化後設定する4つこと

  1. Googleアナリティクス+サーチコンソール追加
  2. WordPress設定変更
  3. サイト内URL(画像・リンク)の変更(プラグイン)
  4. 301リダイレクト設定(プラグイン)

SSL化したら、上記の4つを忘れないで設定してね(^-^)/

※注意 SNSのリンク数も「0」にリセットされるので、プラグイン(SNS Count Cache)で対応してください!

シロクマ先生
これで、君のサイトも、ワンランク上のサイトになったね!