The following two tabs change content below.
小澤朋子
現在、初心者のためのワードプレス・スタートアップアドバイザーとして活動中!ワードプレスの導入・設定でお困りの、あなたのための、お手伝いをしています!本格的にネットで集客をお考えのあなたのためのサービスです。また、時間や場所に捕らわれない「ノマドライフ」を堪能する日々を送っています(^-^)/メール:info@triz-web.com




WordPressのデータ移行(お引越し)でどの方法でやったらいいか、よく迷う「ノマド」な主婦Toroです(^-^)/

WordPressのデータの引越しって皆さんはどうされています?

せっかく蓄積したブログが、しっかり移行してくれないと、とっても困りますよね。

HPやブログ記事は資産なので、確実で正確に、移動せたいですよね。

しかも、この作業って、忘れた頃に発生するんですよね。。

なので、未来の自分へ記述していきます。

ということで、完全に備忘録として残しておきます!

 

私がデータ移行をする場合、XMLファイルのエクスポートで移行しているのがほとんどです。

WordPressデータ移行の方法は、他の方法もありますが、簡単・確実、初心者OKを考えると、この方法が一番です。

今回は、XMLファイルを使ったWordpressのデータ移行(引越し)方法を、お馴染みの「シロクマ先生」とその仲間たちと一緒にお勉強していきましょう。

シロクマ先生
しっかり覚えてね。
でも、忘れても、また、この記事読めばいいよ。

 



スポンサーリンク

WordPressデータ移行方法の主な種類

wpデータ移行

みなさん、おはようございます。「シロクマ先生」だよ。

今回は、WordPressのデータ移行(引越し)について勉強していきましょうね。

シロクマ先生
ふふ。。
今日は、ちょっとカッコイー帽子にしてみたんだよね。
しかも、お揃いのハラマキ。。。
たまには、おしゃれに決めてみたんだけどね。。
クロ美
。。。。。
なんか。。最近どうでもよくなってきたー。。。。
ペン子
。。。。。
今日の先生。。。。
微妙やな。。。しかも、後ろのダンボールって演出???
シロクマ先生
さて。今日はWordpressのデータ移行について説明するよ!
クロ美
データ移行って必要あるの??
ペン子
ええやん。。同じところで頑張れば。。
引越し聞いただけで、疲れるやんかぁ。。。
シロクマ先生
でも、この方法だったら、みなさんでも
ちょちょいの チョイ!ですよ!
ペン子
え?。。
チョイって。。
クロ美
。。。。
シロクマ先生
さてっと、と。
気を取り直して、次行ってみよー!

WordPressの主な引越し方法といえば、次がありますね。

  • バックアップしたデータを復活させる方法(Wordpress丸ごと)
    プラグイン「BackWPup」の復活方法でご紹介します。
    >>バックアップ&復元がとっても簡単!プラグインBackWPup
  • XMLファイルを使用する。
    データベースの情報をXMLファイル化し、移行先のデータベースにエクスポートする。

今回のデータ移行に関しては、下のXMLファイルを使用してのデータ移行です。

WordPressデータ移行(準備編)

XMLファイルを使用する場合、先に準備しておかなければいけないことがあります。

  1. 移行元の画像ファイルのダウンロード
  2. 移行先のサーバーのurlに、Wordpressをインストール
  3. テーマの設置
  4. プラグインの設置
  5. 移行先へ画像のアップロード
シロクマ先生
上から順にやっていきましょう。

移行元の画像ファイルのダウンロード

元となるサイトで使用している画像も、移行先で使用するので、一旦ローカルへダウンロードします。

画像ダウンロード

 

シロクマ先生
移行先用に先にとっておきます。

 

上記の方法はFTP無料ソフト「FileZilla」です。

他のサーバー(ロリポ・X・X2)でのダウンロード方法は、こちらの記事を参考にしてください。
>>とっても簡単!バックアップデータの復元方法「BackWPup」

移行先のサーバーのurlに、Wordpressをインストール

サーバーによって、Wordpressのインストール方法が異なるので、以下を参考にしてくださいね。

サーバーがロリポップ!の場合
>>動物でもわかる!ロリポップ編・初心者のためのWordPressインストール方法

サーバーがエックスサーバーの場合
>>動物でもわかる!エックスサーバー編・初心者のためのWordPressインストール方法

テーマの設置

WordPressテーマは、星の数ほどあって、好みを探すのに時間がかかってしまいますね。

迷ったら、日本で制作されている、おすすめ無料テーマをまとめています。
>>動物でもわかる!WordPress初心者のおすすめ無料テーマ5選+1

プラグインの設置

WordPressのプラグインも、たくさんあり、何をつけたらいいか迷いますし、沢山つけすぎるとページの表示速度が遅くなる原因になるので、こちらの記事も参考にしてください。

>>WordPressを活かしたい運営者必見!絶対必要なプラグン16選+4

ここで、プラグインが沢山あって、面倒くさいなって思われる方は、こちらのプラグインがおすすめ。

一括プラグイン設置:Multi Plugin Installer

このプラグインは、入れたい複数のプラグインを、プラグインの公式URL(zip形式)を入力するだけで、一括インストールしてくれる優れもの!

使い方は、いたって簡単、プラグインをインストールしたら、管理画面上に表示されるので、そこから入っていってね。

Multi Plugin Installer

また、「install&Active plugins」を選択すれば、有効化も同時にしてくれます。

一番上の「Enter Exported File Name:」は空欄のままでOKです。

とりあえず、インストールの方を選択して、一括インストール!
一括インストール

このように、インストールがうまくいった場合、上記のようになります。

ペン子
これ、すごいやんか!
クロ美
たしか、プラグイン設置の授業の時、1つ1つやったわよね。。
ペン子
はよ、教えてーな。。
シロクマ先生
あ。。あ、そうでしたね。。
でも、同じ作業することで、覚えてくれるかなって。。。

移行先へ画像のアップロード

受け入れ準備の最後として、ローカルにダウンロードした移行元の画像を、移行先へアップしておかないといけませんでしたね。

アップロード

 

シロクマ先生
これ、よく忘れちゃうんだよね。。

XMLファイルデータ移行

引越し

さて、移行先の受け入れ準備ができたところで、大元のサイトのデータをエクスポートしましょう。

早速エクスポートっと、行きたい所ですが、その前に、XMLデータ内のurlについての処理をします。

XMLファイルの内のリンクの置換

XMLファイルを取得し、そのまま、移行先にインポートしてしまうと、画像が表示されない、残念な結果になります。。

というのは、このXMLファイル内に記述されているurlは、移行先のurlへ変更されたていないからです。
※もし、以降先urlが同じ(ドメイン同じ)場合は、この作業は必要ありません。

そのため、urlを全て、移行先のurlへ変更しなければいけません。

通常でえあれば、XMLファイルをテキストエディタで開き、元のurl ⇒ 移行先url へ置換する。

ということを、やらなければいけません。

では、どうやって簡単に一括で置換するか説明しますね。

ペン子
意味分からへん。。
置換?痴漢??
どういうこと?
チョイ じゃないやんか。。
クロ美
っていうか、テキストエディタってなに??
簡単じゃなかったの?
シロクマ先生
あぁ。。あ、やはり、そうですか。。
そういうあなたに、ぴったりのプラグインがあるんですよ。
ペン子
なんかのCMちゃうの。。
シロクマ先生
先日お知らせしたプラグイン!
その名も「Velvet Blues Update URLs

>>WordPressデータ移行時に便利なプラグイン-DB内のurlを一括置換してくれる!

このプラグインなら、そんな心配はご無用だよ。

これで、DB内のurlは置換されました。
※元に戻したければ、逆のurlを入れれば元に戻りますよ。

元のデータのXMLファイルエクスポート

やっと、エクスポートです。

移動したいサイトの管理画面から、ツール ⇒ エクスポート クリックします。

xmlルール

ここでは、全てのデータを移行するので、「すべてのコンテンツ」を選択します。

このXMLファイルで移行できるデータの種類は、以下になります。

  • 投稿ページ
  • 固定ページ
  • コメント
  • カスタムフィールド
  • カテゴリー
  • タグ
  • ナビゲーションメニュー
  • カスタム投稿
シロクマ先生
これだけあれば十分でしょう!

 

XMLファイルデータのダウンロードができましたね。

移行先でXMLファイルインポート

では、移行先の管理画面のツール⇒ インポートをクリックします。

インポートの種類は、WordPressをクリックします。

インポート

ここで、Wordpressのインポート用のプラグイン「WordPress Importer」が入っていない場合は、勝手にインストール画面ができてきます。

WordPress Importer

インストールします。

 

xmlファイル選択

そうしますと、XMLファイルを「参照」で選ぶことが出来るので、先ほどのダウンロードした、XMLファイルを選択し、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。

 

インポート

自分のユーザー名を選択します。

その下の、チェック項目にも、チェックを入れ、「submit」をクリックすれば完了です。

シロクマ先生
結構、簡単だったでしょ?
ペン子
う、うん。。。
簡単のような、簡単じゃないような。。
ま、とにかく、この通りやればええんやな。
クロ美
まっ私には、余裕ね。
シロクマ先生
そうそう。。
。。。
やる前には、バックアップやっといてね。
クロ美
ちょっと、遅いわ!

まとめ

XMLファイルを使用してデータを移行する方法の簡単な順番

1.XMLデータ移行前の準備

  • 移行元の画像をダウンロードする。
  • 移行先のurlにWordpressインストール
  • 移行先のWordpressにテーマ設置
  • 移行先のWordpressにプラグイン設置
    一括プラグイン設置:Multi Plugin Installer
    (※以降先が同じ場合は必要ない)
  • 移行先に画像をアップロードする。

2.XMLファイルのエクスポート

プラグイン一括インストール「Velvet Blues Update URLs
>>WordPressデータ移行時に便利なプラグイン-DB内のurlを一括置換してくれる!

3.XMLファイルのインポート

以上です。

シロクマ先生
これで、次の引越しにも備えられるますね。
引越し代高いですからね。。
クロ美
っていうか、引っ越すようなデータまだないしー。。
ペン子
そやな。。
まっ、いつか使うこともあるやろな。。
シロクマ先生
ふふ。。
備えあれば、憂いなしですね。
バックアップは忘れないでね!