The following two tabs change content below.
小澤朋子
Web(ワードプレス)をもっと活かす方法や利用する方法をお伝えしています(^-^)/ Webの活用方法をもっと知って、発信し続ける人を応援します!

最近、無料のなのに高機能でデザインも素敵なテーマが増えたなって思う@Toroこと(小澤朋子)です(^-^)/

WordPressでサイト作成している人の多くは、まず無料テーマでいろいろ試している人って多いですね。

無料なのにいろんな機能が付いているので、工夫次第でアクセスも集められ、素敵なデザインに変更できますよね。

無料テーマ有料テーマって大きく違うことは、有料テーマは、プラグインなど入れなくても、すでに様々機能が付いているのが魅力。

そして、無料テーマは、とりあえずWordpressってどんな感じなのかとか、カスタマイズしたい、自分の好きなデザインに変更したいかた向けですね。

ただ、機能が少ないので、それらはプラグイン頼みってことが妥協点なのかと思います。

無料テーマで人気が高く、機能が豊富で画面大きさに対応(レスポンシブ)してる無料テーマを皆さんに紹介します!

以前の授業↑で、ワードプレスについて簡単に説明し、テーマについて少し触れています。

ワードプレスでいうテーマって何?

無料テーマ選択

みなさん、おはようございます。「シロクマ先生」だよ。

今回は、ワードプレスのテーマについて勉強していきましょうね。

シロクマ先生
今日は少し、お腹痛いな。。。
昨日のお魚のテンプラが当たったかな。。
クロ美
なんか。。腹巻。。
に手入れて。。
やる気あるのかしら。。
ペン子
腹巻からなにか出てくるんやろか。。。

どこでもドア~~
なんてことはないか。。。。

シロクマ先生
すいません。。
ちょっと、おトイレ行ってきます。。。


シロクマ先生
ふう~。。
さて、気を取り直して、テーマについて勉強していきましょう
クロ美
ていうか、テーマって何?
ペン子
そやな。あんまり聞いたことあらへんな。。
シロクマ先生
では、外観テンプレートは聞いたことありますか?
クロ美
それならあるわ。
なにかの元になるような・サンプル見なたいな感じ?
ペン子
名刺なんかで、いくつかのサンプル集みたいのが
テンプレートちゃうの?
シロクマ先生
そうですね、テンプレートとは、このように定義されてますね。

一部を変更するだけで、繰り返し使用できる元のファイルや定型書式を「ひな形(ひな型)」あるいは「テンプレート」といいます。

パソコンで便利なことのひとつに以前に作った文書やレイアウトなどを再利用できることがあります。

ペン子
そや、そや。
そんかんじやな。
シロクマ先生
ワードプレスでは、
外観デザイン(テンプレート) = テーマ
となっていて、そのサイトの性能やデザインはテーマ次第ということになります。
クロ美
あー、そういうことなのね。。
どっちかに合わせて欲しいわ。。。

ワードプレスのの無料テーマの種類

ワードプレスの無料で使用できるテーマは、世界中に(1万4500種)ほどあると言われています。

有料テーマを入れたらいくつなんでしょうね・・。

自分の希望の条件(色・タイプ・目的・カラム)で検索ができ、絞り込むことも可能です。

以下のテーマは、ワードプレス管理画面内の外観のテーマ一覧画面で表示されます。

管理画面内の外観から選べるテーマは、全て無料配布されているテーマです。

wordpress-thema

  • サイトのレイアウト(1カラム、2カラム、3カラムなど)が違うもの。
  • レスポンシブサイト対応(パソコン・ipad・スマホ等で画面の大きさに対応したサイト)
  • コーポレートサイトに特化したテーマ
  • ECサイトに特化したテーマ
  • ブログに特化したテーマ
ペン子
なにが、どうええのか。
わからへんで~。。
クロ美
これ、ひとつひとつ、どんなテーマか確認する気??
シロクマ先生
いえいえ、ここに挙がっているテーマは海外のデザインです。
管理画面のメニューは日本語表記なんだけど、Wordpressから検索されたテーマのカスタマイズページは、ほとんど英語だよ。。。

thema-english

クロ美
そうそう、結局こんなに選べるのに、英語表記だから。
どうのこうのって。。。意外に選べないわね。。
ペン子
そういや、この前なんかそんなこと聞いた記憶あるな。。

海外テーマはデザイン性の高いものは多いので、ついつい試したくなるのですが、使い勝手がわからないテーマに対して、設定の時間だけが流れていきます。

ワードプレス初心者であれば、やっぱり、日本語対応のテーマをおすすめしています。

また、日本製のテーマの方が日本語に対してのSEO対策が含まれているテーマが多いです。

シロクマ先生
私がオススメする日本製で、
レスポンシブ化された無料テーマ5選をお伝えします

※レスポンシブ:画面の大きさに対応した表示方法です。

LION MEDIA(ライオンメディア)

lion media

最近久しぶりに、無料テーマを探していたら。。

なんと!無料とは思えないほどの機能盛りだくさんでびっくりでした!

これは、有料サイトも引けを取らない、最近のSEOやスマホ対応が整っているテーマです。

テーマカスタマイズ

固定ページには、

簡易お問合せ

お問合せ・1カラムページ・ランキングページなど、選択可能です。

お問合せも、プラグインがいらないのは、なかなか無いと思います。

とても、研究されているテーマです。

このサイトは、専用ページにてダウンロードできます。

今年の1押しテーマですね!

シロクマ先生
ブログでもHPでも、必要な機能が揃っているので、プラグインが少なくて済むのでおすすめ!

Lightning(ライトニング)

lightnig

こちらは、有名なBizvektorと同じ会社が提供しているテーマです。

このテーマも非常におすすめです。

このテーマも管理画面からインストールが可能です。

ポイントとしては、無料テーマは先程もお伝えしたとおり、機能が少ないのが特徴なんです。

しかし、それをカバーできる高機能プラグインが存在し、テーマをインストールすると、おすすめプラグインとしてお知らせしてくれます。

VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)

これは、一度使うとやみつきです!

Ligntningの特徴

Lightningの特徴は、テーマ自体はとってもシンプルで、カスタマイズしやすいのが大きな特徴です。

機能の多くは、VK All in One Expansion Unitというプラグインの活躍がほとんどです。

このプラグインがあるだけで、いろんな設定の時間を省いてくれます。

各種SNSとの連携機能も簡単設定

  • シェアボタン
  • ヘッダーにOGPタグ自動出力
  • twitterカードタグ自動出力

便利で魅力的なウィジェットの数々

  • サイドバーにプロフィールを簡単に貼り付けられます。
  • フッターに企業ロゴや住所を簡単に設定出来る。
  • 見せたいページをトップページやランディングページでアピールするPR ブロックが付けられる。

その他よく使われる便利な機能を無料で提供

  • ページ制作に役立つ便利なCSS設定
  • GoogleAnalytics解析コード
  • ヘッダーにOGPタグ自動出力
  • twitterカードタグ自動出力
  • 投稿の本文の前、moreタグ、本文の後に広告の一括挿入
  • CTAの設置(Call to Action)が簡単に設置

特に気に入ってるのは、文字の大きさや行間が程よく設定されていること。

シロクマ先生
Lightningなら、ブログも
ビジネスサイトもどっちもいけるね!

Simplicity(シンプリシティ)

Simplicity

こちらも、安定のお勧めテーマですね。

Wordpres初心者にもおすすめですが、カスタマイザーの設定の細かさから、少しなれた方が使ったほうがいいような気がします。

こちらも多くのブロガーさんが愛用しているテーマ、さすがにカスタマイザーの設定の細かさにはビックリです。

デザインは名前通りとってもシンプルですが、こちらもSEO対策されているテーマとしても有名です。

レスポンシブ対応の企業向け+ブログサイト向けの仕様になっています。

Simplicityのカスタマイザーの種類

カスタマイザー

まぁ、とっても長いですね。。

そしてこのカスタマイザー、クリックすると詳細設定がさらに細かく設定できるところが凄すぎ。

Simplicityのソーシャルボタンも凄い

ソーシャルボタン

こちらも、カラフルでクリックしやすいですね。

Simplicityの広告用の対応がすごい

広告

ウィジェットで、これだけ細かく挿入することが可能。すごい!

いろんなエリアに広告を貼り付けられるので、アドセンスやアフェリエイトでの収入用のテーマとして使用している方が多いのが頷けますね。

Simplicityのまとめ

  • デザインはシンプルですが、サイトのカスタマイザーで設定できるレベルが高い。
  • ファビコン設置は、カスタマイザーで簡単設置。
  • Googleアナリティスクが、カスタマイザーで簡単設置。
  • ソーシャルボタンが、豊富でカラフル。
  • サイトイメージのバリエーションが豊富
  • 広告用のスペースが豊富なのでいろんな箇所へ簡単に載せられる。

Simplicity:ダウンロードページ

シロクマ先生
それにしても、無料でもここまで来るとすごいですね。

STINGER(スティンガー)

かなりのバージョンがアップされたので、追いついていませんが、ブロガー専用テーマといっても過言ではないレベルの認知度です。

こちらのテーマも、ワードプレス超初心者におすすめ。

そして、SEOや広告表示も簡単表示できることから、ブロガーなら定番テーマですね。

こちらは、そんなに多くの機能が付いているわけではないですが、設定自体が少なくシンプルなので触りやすいかと思います。

レスポンシブ対応のブログサイト向けの仕様になっています。

こちらのサイトで、詳しく解説していました。
>>STINGER PLUS+(スティンガープラス)のダウンロード方法 | おすすめWordPress無料テーマ(テンプレート)

STINGERのまとめ

  • シンプルでSEOに強い。
  • カスタマイザーの種類が少ないので、自分なりのカスタムができる。
  • プラグインしだいで自分のオリジナルサイトが作成しやすい。
  • 超初心者には設定が少ないので、使用しやすい。
  • 最低限の広告用のスペースに簡単に設置可能。

まだまだ、かなりのブロガーさんは、このテーマを使用しているほどのテーマ。

シロクマ先生
まだまだ人気者。

Onepress(ワンプレス)

onepress

かなり、シンプル作りで、TOPページをオリジナルコンテンツとして作りやすいテーマになっています。

1ページに上から順に、コンテンツの抜粋などを並べていく感じの、最近のテーマです。

そのため、企業ぺージはもちろんですが、ショップサービスページやランディングページに利用するには、とても便利な機能が付いているテーマです。

onepress中身

ちなみに、いままでご紹介したテーマは、そのテーマページに行かなければ、ダウンロードできませんでしたが、このテーマは、ワードプレスの管理画面から、検索してインストールすることが可能です。

参考サイト

まとめ

今回紹介したテーマ5選

  • LION MEDIA(ライオンメディア):企業用テーマ

  • Lightning(ライトニング):企業用・ブログ用テーマ

  • Simplicity(シンプリシティ):企業用+ブログ用テーマ

  • STINGER(スティンガー):ブログ用テーマ

  • Onepress(ワンプレス):企業用+LP用のテーマ

今回は、有名どころのテーマ5選をご紹介しました。

上記のテーマはブロガーや個人サイト・ショップ等で運用できますが、それ以外テーマも紹介しています。

1ページランディング風で、サービスを紹介するようなテーマが増えていてかっこいいですよ!

どのテーマも様々な特徴があって、これが1番と決められるものはないですね。

自分が目指しているサイトイメージに、近いテーマを選ぶといいですね。

これらは、無料で提供されているものですが、有料となるともっと多くの機能が追加できるサイトが作成できるということが想像できますよね。

今回のテーマでさえ、無料で提供されているレベルなんですから。

お金を出せばいいという訳ではないですが、理想のサイトが少しお金を出せば手に入るレベルであれば、無料にこだわらなくてもいいと思います。

要は、自分がテコ入れする時間をお金で買うかどうかということなので。

まだまだ、無料テーマは存在しますが、時代とともにテーマも進化していくと思うので、またの機会に紹介などしていきたいと思います。

シロクマ先生
みなさんは、好きなテーマ決まりましたか?
クロ美
そうね、
1ページ風のおしゃれじゃない!
ペン子
うち、設定が少ないほうがええねん。
シロクマ先生
では、テーマを決めておいてくださいね。