The following two tabs change content below.
小澤朋子
現在、初心者のためのワードプレス・スタートアップアドバイザーとして活動中!ワードプレスの導入・設定でお困りの、あなたのための、お手伝いをしています!本格的にネットで集客をお考えのあなたのためのサービスです。また、時間や場所に捕らわれない「ノマドライフ」を堪能する日々を送っています(^-^)/メール:info@triz-web.com

やっぱり、英語とかスラスラ読めるくらいになりたいと思っている、「ノマド」な主婦Toroです(^-^)/




前回、無料でマッチング+ポータルサイト簡単に作成できるCMS「Osclass(オーエスクラス)」を紹介しました。

まだ見てない方は、
こちらから→無料CMSでマッチング+ポータルサイトが作成できるOsclassとは

普及しない理由として、英語が標準になっていて、日本語化しなければすべて英語表記のままなのです。

インストールしたものの、英語表記だとやっぱり分かりにくいですよね。

シロクマ先生
今回は、英語⇒ 日本語にする方法をお伝えしますね。

 

スポンサーリンク

Osclassの翻訳方法は2つある

CMSで有名なWordpressなどは、最初から日本語化されていますが、

Osclassではインストールしたばかりの時は、英語表記になっているので、日本語化しなければいけません。

基本は、Osclassインストール後、言語プラグインを有効にする方法がメインの日本語化になります。

しかし、完全に翻訳化されていない場合があるので、その場合はPoeditを使用した方法をお伝えしますね。

  1. 日本語化プラグイン使用
  2. poedit使用による日本語化
シロクマ先生
言語プラグインの有効化について
説明していきたいと思います




日本語化プラグインを有効にする方法

日本語化1

インストールしたばかりなので、英語表記になっていますね。

日本語化プラグインのダウンロード

ダッシュボードの「Market」⇒「Languages」をクリックします。

言語プラグイン

大体、2・3ページ目くらいに日本語のプラグインがあります。

「Downlord」をクリックしてください。

ok

「OK」を押して、 Downloadします。


日本語化プラグインの有効化設定

完了したら、ダッシュボードの「Setting」の「Languages」をクリックします。

lung4

英語と日本語が表示されています。

Japaneseの項目で、webサイトの言語管理画面の言語の設定をするページです。

両方とも日本語を有効にします。

その後、一度ログインしなおします。

lung5

先ほど、Japaneseを有効にしたので、選択が可能になっています。

なので、Japaneseを選択し、ログインします。

日本語化完了

そうしますと、管理画面が日本語になっています。

あとは、メインで使用する言語を設定します。

Osclassの標準言語の設定

「設定」⇒「一般」をクリックします。

メイン言語の設定

 

標準言語の場所をクリックすると、Japaneseが選択できます。

標準設定

標準言語をセットし、下方に「変更を保存」をクリックしてください。

Osclassデモサイトの表示

これで、基本的に使用する言語の設定が完了したので、WEBサイトも確認してみて下さい。

OsclassWizards

 

シロクマ先生
はい、これで。
あっという間に、日本語化されましたね!
プラグインを使用するのはとても簡単ですね。

 まとめ

今回は、Osclassインストール後、日本語プラグインの有効化の設定をしました。

シロクマ先生
順番としては、以下の順になっていますよ
  • 日本語プラグインの有効化
  • 管理画面とサイトの日本語化設定
  • ログインしなおして、管理画面の日本語化
  • 日本語を標準言語に設定する。
シロクマ先生
試してみてね。
次回は、poeditを使用して日本語化する方法をお伝えしますね。

 

シロクマ先生
実は、このOsclass
このプラグインだけでは、
ちょいちょい、翻訳されていない部分があるんだよね。。
手動で。。。はぁ。。。