The following two tabs change content below.
小澤朋子
Web(ワードプレス)をもっと活かす方法や利用する方法をお伝えしています(^-^)/ Webの活用方法をもっと知って、発信し続ける人を応援します!

この時期は、1年でいうと引越しの時期だなーと、つくづく感じる@「ノマド」な主婦Toroです。

いままで、Wordpressサイトのデータ移行(引越し)方法を、いくつか紹介してきました。

1.素人でも簡単!プラグインを使ったデータ移行方法
>>WordPressの引越しは、XMLでデータ移行すべし!

2.バックアッププラグイン(BackWPup)のデータを利用して、データ移行をする方法
>>とっても簡単!バックアップデータの復元方法「BackWPup」

1と2の大きな違いは、サーバー管理から、さらにMySQLという、データベース(DB)へ入るか入らないかの違いです。

そうなんです!

データベース(DB)って素人にとっては、未知の世界。。

そのため、素人(DB触ったことない人)には、1の方法をお勧めしています。

しかし、1には限界があります。。

  • データが膨大な場合は、データ移行できない。
  • サイト内の細かな情報までは、移行できないため、再設定をする。

そのため、Wordpressデータ移行をする場合は、やはりDBへ直接データをインポートするほうが得策です。

  • とにかく早い!(ほぼ一瞬)
  • とにかく簡単(やり方さえ覚えてしまえば)!
    ※逆に、間違えて削除すると一瞬で消える。。
  • バックアップデータさえあれば、復活は簡単にできる!

ということで、DBへデータ移行をする2番を推奨しています。

しかし、2番の方法は、サーバーを新しく契約した人用に、

同じドメイン名 ⇒ 同じドメインへのデータ移行についてをお伝えしましたが、

今回は、テストサーバー⇒新しいサーバー(違うドメイン名

データをインポートする方法をお届けします。

基本は同じなんですが。。

ある操作を行わないと。。

中途半端なデータが、インポートされ、再設定が発生しますよ。。ウフフ♪(。-艸・。)

シロクマ先生
やっぱり、引越しなら!
シロクマ引越しセンター!




WordPressデータ移行方法の種類

WordPressデータ移行は、大きく分けて2種類あります。

  1. 初心者には、プラグインを利用したデータ引越し方法。
    >>WordPressの引越しは、XMLでデータ移行すべし!
  2. 中級者以上は、DBへ直接インポート。
    2-1. >>同じドメイン⇒同じドメインへ(サーバーのみ変更する場合)のデータ移行
    2-2. ドメインが違う場合の、データ移行方法とは?
シロクマ先生
今回は2-2をお伝えします。

サイト情報が格納されている、DB内のデータには、固有の値(シリアライズ)がセットさせています。

同じドメインであれば、固有値は同じです。

しかし、ドメインが異なると、その値も異なるため、データをインポートしても、完全にデータを移行できません。

そのため、DBへ直接データ移行する際に、必要な作業をお伝えします。

シロクマ先生
シリアライズ。。DB内を見ても、
実際に見えないから気づきにくいよね。。

WordPressデータベースのシリアライズとは?

シリアライズなんて、聞いたことないというあなた!

別に名前を覚えなくても生きていきけます。。

でも、Wordpressデータ移行では、存在だけは意識してあげてください(^-^)/

特に違うドメインへデータを移行する際は、この存在に意識してください!

以下、シリアライズについて、詳しく書いてあったので引用です。

>>覚えておきたい「シリアライズ serialize」

 WordPressの例

WordPressデータベースの wp_options テーブルには、アクティブなプラグインの設定値や、アクティブなテーマの設定値が保存されています。これらの値はすべてシリアライズされています。

また、多くのWordPressのプラグインは、wp_options テーブルに、固有の設定値を保存する機構になっており、設定値を保存する関数 update_option() を使うと、自動的にシリアライズして保存されるようになっています。

要するに、WordpressのDB内には、私たちが意図していないところで、勝手に固有の値が生成される仕組みになってるようです。

そのため、元のデータ内のシリアライズを、新たなドメイン用にシリアライズしてくれるツールを利用します。

シロクマ先生
このシリアライズ。。
結構やっかいそうだね。。

データ置換のためのリプレイスツールとは

「url + シリアライズ」を簡単に置換できる、リプレイスツールを紹介します!

>>Database Search and Replace Script in PHP

このサイトでは、元となるDBデータ内のurlを、新たなurlへ、シリアライズと共に置換してくれるツールを提供しています。

このページでは、それに使用されるスクリプトファイルをダウンロードするページです。

searchreplacedb2

そのフォルダを解凍すると、「searchreplacedb2.php」が入っています。

このファイルを使用して、urlを置換していきましょう(^-^)/

シロクマ先生
このツールは結構使えるよ!

リプレイスツールを利用したデータ移行

この段階では、テストサーバーで新しいサイトを作成してあり、そのデータを、新しいドメインのテーブルへデータを移行します。

データ移行準備

  • 新しいドメインに、Wordpressをインストールする。
  • テストサイトのテーマやプラグイン・画像を新しいWordpressへアップロードする。
  • テストサイトのSQLデータを、新しいドメインのテーブルへインポートする。

mysqlインポート

この辺のデータのエクスポートやインポートに関しては、こちらの記事に詳しく載っています。
>>同じドメイン⇒同じドメインへ(サーバーのみ変更する場合)のデータ移行

シロクマ先生
ここまで、準備しておいてね!

リプレイスツールの使用方法

さきほどダウンロードした、スクリプトファイル「searchreplacedb2.php」を使っていきます。

新しい、ドメイン側のWordpressのindexと同じ階層に、そのファイルをアップロードします。

スクリプトファイルの設置

そしたら、ブラウザで、このファイルを開きます。

例:https://新しいドメイン/searchreplacedb2.php

そうすると、リプレイスツールが開きます。

リプレイスツール1

新しいWordpress内の、wp-configファイルから、接続するDB情報を確認します。
※Wordpress本体は、コピーの際は、Wordpress本体ごとコピーは避けたほうがいいです。

 

リプレイスツール2

正しい情報であれば、下のボタンをクリックします。

ここでは、該当するテーブルを選択しますが、全て対象でokです。

リプレイスツール3

よければ、のボタンをクリックします。

 

ここからが、本番です。

上の段の方に、元のurlを入力し、下段に、新しいドメインのurlをいれます。

リプレイスツール4

※urlの最後には「/」は付けないようにしましょう!!

確認できたら、ボタンをクリックします。

リプレイスが完了すると、このような画面が表示されます。

置換完了

これで、置換完了です。

シロクマ先生
結構簡単でしょ?
このリプレイスツールは、DBデータの置換ができるので、
他の用途にも使えるね!

まとめ

WordPressのデータ移行には、大きく2種類ある。

  1. サーバーだけ変更になる場合(同じドメイン)
  2. テスト環境から本番ドメインへ、データ移行する場合

今回は、2番をお伝えしましたが、両方のやり方は基本的には同じです。

違うドメインへ移行の場合、少しだけ違うツールを利用するだけです。

データ移行の流れ

  1. 移動先のWordpressのインストール
  2. そのWPへ、テーマ・画像・プラグインのみアップロード
  3. 移動先テーブル(DB)へインポート
  4. リプレイスツール使用(ドメインが違う場合のみ)

移動先のドメインが違う場合、シリアライズに気を付けよう!

シロクマ先生
データ移行って、結構簡単でしょ?