The following two tabs change content below.
小澤朋子
Web(ワードプレス)をもっと活かす方法や利用する方法をお伝えしています(^-^)/ Webの活用方法をもっと知って、発信し続ける人を応援します!



ドメインは据え置きで、サーバー内にある複数のWordpressを他社のサーバーに移動しなければいけない「ノマド」な主婦Toroです(^-^)/

現在使用しているサーバーは「エックスサーバー」ですが、WordpressのようなCMS用のサーバーとしては、個人的にブログなどのサイト運営に対して、とっても適していますよね。

しかしながら、今回は、複数のWordpressサイトを運営していく中で、エックスサーバーのMYSQLの上限は60個です。

結構多いと思いますが、上限が決まっていることで、今後増えると考えられるサイトに対して他社のサーバーを探したところ、MYSQLが無制限の100GB無制限レンタルサーバー【X2】がありました。

MYSQLが無制限ときたら、管理側としてはサイト数を気にしなくて済むので、現在の「エックスサーバー」にある、複数のWordpressサイトを「100GB無制限レンタルサーバー【X2】」に移動します。

ドメインはエックスサーバーのエックスドメインで据え置きとして、エックスサーバー内のWordpressデータだけX2サーバーに移動します。

同じような方がいるかもしれないので、その時の手順と注意点など備忘録としてここに留めておきます。


Xサーバー ⇒ X2ーサーバー手順

まずは、X2サーバー内に、エックスサーバーにあるwordpressのデータを移す場所の確保が必要です。

でも、実際には、エックスドメインを使用していて、エックスサーバーにデータがあるのだから、X2ーサーバーにデータを入れるためのドメインを登録した場合(ネームサーバーの登録)、直ぐ(1~3日)に切り替わってしまいますよね。

基本的に、複数のサイトがあるので、ゆっくり準備してからがいいのですが。。。

そのため、今回行った手順として、

  1. 100GB無制限レンタルサーバー【X2】へドメイン登録(web認証)
  2. エックスサーバーのデータのバックアップ⇒復帰(X2)
  3. WordPressの移行確認(hosts)とは
  4. 全てのデータが行き渡った段階でネームサーバーの切り替え

最後にネームサーバー登録を行うので、ネームサーバー登録以外の、ドメインの登録をする方法を紹介します。

また、同じドメインが違うサーバーにそれぞれある場合どっちを見るの?

シロクマ先生
その場合、どっちが強く反映されるの?
そんな質問にもお答えしていきます。

4つのドメイン認証方法

通常、ドメインを他社で登録している場合、ドメインのネームサーバー名を、使用したいサーバーのネームサーバー名に変更すれば、他社のサーバーでも使用できます。

しかしながら、今回の場合は、複数のサイトを移動するため少し時間が欲しいため、ネームサーバーの変更は最後にします。

そのため、今回行った方法はWeb認証です。

ドメイン認証方法は以下の4つ

  1. Whois認証(ネームサーバー変更)
  2. Web認証(今回はこの方法)
  3. メール認証
  4. CNAME認証

※Whois認証は直ぐにドメイン名の変更手続きとなる。
そのため、それ以外の方法であれば、認証だけしてゆっくりーデータを移行できる。

中級編シロクマ先生
早速、その手順を説明していくよ。

X2サーバーのWeb認証方法とは

X2サーバーの管理画面 ⇒ ドメイン設定

エックスツーサーバー管理画面

 

ドメイン追加

新たに追加します。

 

ドメイン設定⇒ 追加

他社ドメイン追加

 

xtwo.htmlをダウンロード&アップロード

web認証

リンクになっているので、このページのリンクから、ローカルにダウンロードします。

ダウンロードしたファイル(xtwo.html)使用したいドメインのWordpressのindexが表示される階層にアップロードします。

サーバーへアップ

アップロード完了後、X2のドメイン追加ページに戻ります。

他社管理のドメイン追加ページ

ドメイン追加ページで、移動させるドメイン名の入力+Web認証のチェックを入れ、

「ドメイン追加(確認)」をクリックします。

x2_step4

新たに追加されていますね。

ドメイン追加

これで、X2サーバーに、ドメインが追加されたので、そのフォルダにデータを入れる準備が整いました。

データのバックアップ⇒ データ移行方法2種

WordPressをバックアップする方法は、いくつかありますが、今回はよく使う方法の2種類紹介します。

  1. プラグインBackWPupでバックアップ&復活(サーバー&データベース)
    >>バックアップ&復元がとっても簡単!プラグインBackWPup
  2. XMLデータのインポート&エクスポート(サーバー&Wordpress管理画面)
    >>動物でもわかる!WordPressの引越しは、XMLでデータ移行すべし!

同じバックアップ&復活どちらを使ってもいいように思いますよね。

しかし、今回の場合は、1番のプラグインBackWPupを使用する方が適しています。

なぜ2番のXMLデータの方法があまりふさわしくないかというと、

Web認証したレベルでは、ネームサーバーを変更しなければ管理画面に入れないからです。

そのため、XMLデータは管理画面のインポートツールを使用するので、データベース情報はこの時点ではまだ上げられないためです。

しかし、ある方法(hosts)を使えば、管理画面に入れます

シロクマ先生
hosts(ホスツ)だよ。

WordPress移行確認方法(hosts)とは

hostsとは、自分のローカルから、指定のIPアドレスのサーバーを直接接続することが可能になります。

そのため、まだ、Web認証レベルでも、X2サーバーのIPアドレスがわかれば、X2サーバーへ移動したWordpressの管理画面を開くことが可能になります。

データがしっかり移行したかどうかの確認もできますよね。

その方法は、

X2サーバーのIPアドレスの確認

x2IPアドレス

IPアドレスをどこか、テキストなどにコピペしときます。

自分のローカルファイルのメインディスク(c¥:)を開きます。

hostsのファイルの場所:windows ⇒ System32 ⇒ drivers ⇒ etcの中

hosts

一度、コピペしてディスクトップにおきます。

そのファイルをメモ帳などで開きます。

hosts2

一番下に、x2サーバーのIPアドレスと、接続したいドメインを入力し、保存します。

そして、元の場所のファイルを上書きします。

そして、ネームサーバーが変更されていないドメインにアクセスしてみると、管理画面を開くことができます。

一応、元のファイルを取っておいてください。
※こちらの作業は自己責任でお願いします。

中級編シロクマ先生
バックアップは必要だよ!

エックスドメインのネームサーバーの変更

さて、全てのサイトの移動が完了した時点で、ネームサーバーを変更していきます。

エックスサーバーの管理画面を開き、ドメインをクリックします。

xsaver管理画面

変更したいドメインのドメインパネルを開きます。

ドメイン画面

既存のネームサーバー1~5を消します。

ネームサーバー変更前

 

X2サーバーのネームサーバーを入力します。

x2IPアドレス

ネームサーバー名1~3をコピペします。

 

ネームサーバー変更後

最後にネームサーバー変更(確定)をクリックします。

中級編シロクマ先生
ふーっ。
これでネームサーバーがX2サーバーに切り替わりました。
数時間後には、反映していくよ!

まとめ

今回は、ドメインをエックスサーバーに据え置きして、複数のWordpressデータをX2サーバーに移動する手順をご紹介しました。

データ移行の特徴

  • サイトが1つであれば、ネームサーバー名の変更で十分
  • サイトが複数有り、データ移行に時間がかかる場合は、ネームサーバー名変更以外の方法がいい。
    (Web認証・メール認証・CNAME認証)
  • バックアップ方法はプラグインを使用するかXMLデータで移行するか状況に応じて判断する。
  • XMLデータの移行を選択した場合、管理画面で確認する方法として、hostsを利用することができる。
  • ネームサーバー名を変更すれば、2・3日でデータが全て移行する。
    (1・2日だと、管理画面が行ったり来たりする現象が起きていた)
中級編シロクマ先生
サーバーへのデータ移行って、たまにやるから忘れちゃうんだよね。。