The following two tabs change content below.
小澤朋子
Web(ワードプレス)をもっと活かす方法や利用する方法をお伝えしています(^-^)/ Webの活用方法をもっと知って、発信し続ける人を応援します!




沢山記事を読む中で、記事メニュー「この記事を書いた人」があるとわかりやすいなと思う@「ノマド」な主婦Toroです(^-^)/

みなさんは、ネットでいろんな情報を調べたり、ググるのが上手な人でしょうね。

自分が知りたい情報を探すとき、検索の窓からキーワードを入れて、探すことが多くないですか?

検索に上がった一覧の中から選ぶため、はじめて訪れるサイトは結構多いと思います。

その場合、読み手にやさしい記事(ユーザビティを意識する)があることを感じませんか?

読み手にやさしくない記事は、読み進めにくいため、他の記事に移動してしまいます。

せっかく、訪れてきた人をみすみす逃すのは、勿体ないです!

あなたのワードプレスの記事はは大丈夫ですか?

簡単なので、是非設定しましょう!

今回は、読み手に優しい設定(ユーザビティ)で役立つプラグインの紹介です!

シロクマ先生
読みに来てくれた人に
お・も・て・な・し!

読み手にやさしい(ユーザビティ)とは?

検索から訪れた、記事の場合のほとんどは、はじめて訪れるサイトが多いと思います。

その時々にも寄りますが、大きく2パターンの状況があると考えられます。

  1. 記事を読む時間が少ない人
  2. じっくり読む時間がある人

上のパターンは、調べる事に関しての時間を気にするパターンです。

記事に訪れたとき、記事の内容の見出しメニューを見かけると思います。

見出しメニュー

※上記は、画像です。

もちろん、全てのサイトに必要という訳ではないと思います。

ハウツー・ノウハウ系などの記事は、あったほうが分かりやすいです。

要するに、悩み解決系(ノウハウ系)は、非常に長い記事が多いのが特徴です。

たしかに、有益な情報だということ分かっているけど、時間を気にする人にとっては、少し厄介な記事でもあるということです。

そして、時間を気にする人にとって、見出しがあるの記事と、そうでない記事、どちらの方が、優しい記事と感じますか?

はじめて訪れた人の記事でも、記事の最初にメニューがあるだけで、読み切り時間をイメージしやすいと感じます。

それは、読み手の状況に関係なく、記事の地図を先に渡してくれるのですから、

「優しいサイト」=「優しい人が運営者」と考えてもおかしくないと思います。

シロクマ先生
このサイトには、ついていますよ!
(※優しいですよ。)

Web記事だって書籍と同じ

シロクマ先生
みなさんは、本屋さんで、
知らない本を買うときは、どんな時ですか?
ペン子
うんん・・。表紙がなんか印象的な時やな。
クロ美
私は、タイトルに惹かれることが多いかしら。。
シロクマ先生
そうですね、知らない本の場合、
本の表紙やタイトルから選びますよね。
ペン子
でも、そのあと、中身をパラパラみて
興味なかったら、買わへんけどね。
クロ美
そうね。中の目次(メニュー)
次第ってこともあるわね。
シロクマ先生
一般的には、手に取って、目次メニュー次第で
買うか判断しますよね。
ペン子
お金払うんやから、しっかり見ないとあかんで!

 

やはり、書籍の購入に関しても、表紙(アイキャッチ・サムネイル)・タイトル・見出しは、読み手に取って大きな影響があることが分かります。

今回は、記事内で見出し設定した場合、自動でメニュー化してくれるプラグインの紹介です。

Table of Contents Plus(見出しを自動で目次化)

 Table of Contents Plus

Table of Contents Plus

設定方法は、簡単です!

  1. プラグインのインスト―ル
  2. プラグインの有効化
  3. 管理画面⇒ 設定 ⇒ TOC+
toc

そして、最下部の「上級者向け(表示)」をクリックします。

toc

最初の設定では、見出しレベルにすべてチェックが入っているので、逆に目次の表示が分かりにくくなります。

目次表示を除外したいぺージなども、ここで個別設定が可能です。

「この記事を書いた人」の表示

記事の目次が付いていて、内容もよくて、理解しやすかったと感じた記事に関して、「ありがとうございました。」と伝えたくなることありませんか?

また、こんな素敵な記事を書く人って「どんな人なんだろう?」って興味持ちませんか?

知り合いのサイトであるならともかく、検索から読まれた記事の場合、どんな人が書いているのかわかりませんよね。

そのため、記事の最初、または記事の最後「この記事を書いた人」と紹介されている記事をよく見かけますね。

シロックマン

この記事でも、最初に紹介させていただいています!

とてもためになる情報であれば、記事を書いた人へ、接触でき、気軽にSNSで確認できます。

自分の記事のファンづくりとして有効なので、是非導入してくださいね!

2つのプラグインが必要

「この記事を書いた人」が表示さる内容は、すべてユーザー情報です。

プラグインが無い状態では、以下のようになっています。

ユーザー登録

ここの内容を増やすプラグインが2つあります。

1.Fancier Author Box

「この記事を書いた人」が表示されるようになるプラグイン。

Fancier Author Box

有効化すると、記事内に下のように枠だけ表示されます。

Fancier Author Box

このままでは、プロフィールの内容や名前・画像が表示されていない。

2.Simple Local Avatars

管理画面⇒ ユーザーの登録時の「ミステリーマン」を自分のPCから、好きな画像に変更できるプラグイン。

Simple Local Avatars

2つのプラグインを有効化する。

管理画面⇒ ユーザー一覧⇒ (表示させたいユーザの選択)

SNSでの連絡先が追加できるようになっています。

sns連絡先

画像を変更したい場合。

画像の追加

自分のプロフィールの内容を追加します。

プロフィール

ユーザー登録の最下部に、自分のアバターをアップロード出来ます。

最後に、最下部のプロフィールの更新をクリックします。

Simple Local Avatars

これで、1つの記事に対して、メニュー(目次)と、「この記事を書いた人」が表示されるようになりました。

まとめ

ちょっとした、プラグインの追加で、1つの記事が、初めて訪れた人にも優しい記事に大変身!

せっかく、記事を読みに来てくれたのだから、読みに来てくれた人に対しての「お・も・て・な・し」は必要ですね。

  1. 見出しのメニュー化(目次化)プラグイン
    ⇒Table of Contents Plus
  2. 「この記事を書いた人」の枠の表示
    ⇒Fancier Author Box
  3. プロフィールの充実と画像アップ機能
    ⇒Simple Local Avatars
シロクマ先生
これで、人に優しい記事の出来上がり!
クロ美
WEBの記事だからって、
手ぬいちゃだめよね!
ペン子
ほんま、そやな。。
うちらも、読みやすさなんやろな。
シロクマ先生
この私たちのように、会話形式の
プラグインも付けることも工夫ですね!

【スピーチバブル】サーバー別画像アップ方法!ファイルマネージャーの使い方